名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 藪下 勝浩 様

  • HOME »
  • オンライン解析 藪下 勝浩 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のフォームで幾つか改善点をお伝えしていきたいと思います。
1枚目の写真は、右足を着地した瞬間のものです。
この写真で確認していただきたいのが足を着地させた時の腰の向きです。
この腰の開きが右膝の割れが早くなってしまう原因にもなってきます。
足を完全に着地させた時にすでに腰がピッチャー側に開いてしまっているので
バットが出てこず差し込まれる原因になります。
ボールを捉えられたとしてもインパクトに力が伝わりづらく
強い打球を打つことが困難になっていきます。
インパクトの後に腰が開いていくのはいいのですが、インパクト前に開いてしまうと
強い打球は打てなくなります。
ですので、軸足の股関節に体重が乗っている状態で足を着地していけるように練習していきましょう。
そうすることで自然と腰の開きが改善されていきますので、
飛距離、ミート力共にレベルアップしていきます。
まずはこの腰の開きを改善して土台を作り上げていければと思います。

 

 

2枚目の写真は、インパクトの瞬間です。
左バッターは右脚軸でのインパクトが重要となっていきます。
ここでは、インパクトの際に上体が左足軸となっており
体を開いて対応しているという状況になってしまっています。
その中で、ボールに対して詰めていく部分が脚の軸の違いによって
詰まってしまう形でインパクトを迎える現状であります。
それによってボールに対し、強い力を加えることが出来ず強いスイングを取ることが難しくなります。
インパクトの際に距離を作ることに加え力を伝えていくことを可能としていくために
頭の位置を抑えていくことでインパクト時の右脚軸が出来るようになっていきます。
この軸に入っていけると強いスイングが可能となるとともに、
ボールとの距離が取れるようになるためミート力も上がっていきます!

 

 

3枚目の写真は、フォロースルー時のものです。ここでは、腰の回転が気になります。
1つ目でお伝えした部分があると思いますが、腰の回転が早く始まってしまっていることで、
フォロースルーの時点でも腰がしっかりと前を向いてきておらず、窮屈になってしまっています。
また、後ろ足もかかと側が浮いているだけになり、前への押し込みができていません。
後ろ足の母子球で地面をしっかり押して、かかとの裏側がキャッチャーを向くようにしていくと、
左腰もしっかり前に出てきて、最後まで振り切ることができます。
そうしていくことで、体が上に伸び上がるのも防いでいくことができ、
バランス良く安定したスイングをしていくことができます。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
腰の開きを改善するための練習方法
∟30スイング

トレーニング動画②
軸足を押し込んで腰を出していくための練習方法
∟30スイング

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.