名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 矢澤 昌之 様

  • HOME »
  • オンライン解析 矢澤 昌之 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現状の問題点においてお伝えさせていただきます。
1枚目の写真はバットの振り出しの瞬間です。ここで注目していただきたいポイントとして左膝です。
振り出す瞬間に左膝がピッチャー方向へ向いてしまっています。
この時に左膝がピッチャー方向へ開いてしまうとインパクトの瞬間に
肩、腰が開きやすくなってしまいます。
そうするとバットが出てくるのが遅れてしまい差し込まれるケースが増えてしまいます。
そうならないためにも足を着地させ、振り出していく時に
左膝ができるだけホームベースに向いたままスイングできるように取り組んでいってください。
そうすることで体の開きや腰の開きも改善していけますし
バットと体の回転が合うようになっていきますので差し込まれるケースも減っていきます。

 

 

この写真はボールをとらえる瞬間の写真です。
ここで注目していただきたいポイントがヘッドの角度です。
インパクト時にヘッドが下がって打ってしまうとボールに対して力が伝わっていかないので
強い打球を打つことが難しくなってしまいます。
この原因も1枚目の左膝が関係しています。
左膝が逃げてしまうことにより体が開き、下半身の踏ん張りが弱くなってしまいます。
そのことによりバットのヘッドの重さに耐えきれずヘッドが下がってしまいます。
左膝がしっかりと開かずに振っていくことで下半身に力が入り、
バットのヘッドが下がらずスイングできるので強い打球が打てていけます。

 

 

この写真はフォロースルーの瞬間です。
ここで注目していただきたいポイントが右足です。右足が伸びてしまっています。
右足が赤のラインのようになるのが理想です。
赤のラインのようになっていければ、下半身が強く使えていくので
強い打球が打てるようになっていきます。
赤のラインにならないのも 右足のかかとが寝てしまっているのが原因です。
右足を回していく時にかかとを上げながら スイングしてみてください。
そうすると下半身が強く使えて振り終わりの形も赤のラインに近づいていきます。
練習として右足のかかとの下にボールを置き、そのままスイングをしてみてください。
そうするとかかとが上り、下半身を使えた 強いスイングができてくるので取り組んでみてください。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
前足の開きを改善するための練習方法
∟10スイング×3セット

トレーニング動画②
ヘッドの下りを改善するための練習方法
∟30スイング

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.