名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 渋谷 様

  • HOME »
  • オンライン解析 渋谷 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現状の問題点においてお伝えさせていただきます。
1枚目の写真はバットの振り出しの瞬間です。
振り出しの瞬間に左肩を上げて振り出してしまっています。
そうなってしまうとボールをうまくとらえることができません。
原因としてヘッドを立てたまま振ろうとしてしまい、手に力が入ってしまっています。
そうすると窮屈なため左肩を上げようとして振ってしまっています。
手としてはバットを支えられるぐらいの力で十分ですので、そこまで力を入れずに構えてみてください。
振り出し方ですが右脇を締めながら振り出していけるといいです。
右脇を締めていけば自然とヘッドがキャッチャー方向へ倒れてきてくれるので
インパクトでは窮屈にならず、楽に振り抜くことができてきます。
そうしていけば左肩が上がることもなくなっていきますのでぜひ取り組んでいただければと思います。

 

 

この写真はスイング途中の写真です。
ここで注目していただきたいポイントが左膝です。
すでに膝がピッチャー方向へ向いてしまっています。
膝が開いてしまうとボールに対して力を伝えきれず、
体の外へと力が逃げてしまいます。
また膝が開いてしまうと頭の位置というのも上下しやすくなり、
ボールをうまくとらえることができなくなります。
原因としては1枚目の左肩があります。
左肩を上げてから振ってしまうので、左側が緩んでしまいます。
よって左膝も緩み、ピッチャー方向へ膝が向いてしまいます。
今後の取り組み方として左膝はホームベースを向いたまま踏み込み、
スイング中もホームを向いたままスイングできるとボールに対して強く振れるようになっていきます。

 

 

この写真はボールをとらえる時の瞬間です。
ここで注目していただきたいバットの角度です。
このようにバットのヘッドが下がってしまうとボールに対して
力をうまく伝えることができません。
原因としてトップを作った時にヘッドが立ったままバットを振り出してしまうので
インパクトの時にはヘッドの重さに耐えきれずヘッドが下がってしまいます。
ヘッドが立ったままバットを出すのは窮屈になりますので、
1枚目の左肩、2枚目の左膝が緩ませてから振ってしまいます。
結果ヘッドが下がってしまうことにつながります。
ですのでトップを作った時のヘッドの角度を変えていくことで
インパクト時のヘッドが下がってしまうことなくスイングしていけるように
なっていきますので、トップ時のヘッドの位置というのを練習から意識して
取り組んでいくようにしましょう。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
ヘッドの角度改善のための練習方法
∟30回×2セット

トレーニング動画②
前足の開きを改善するための練習方法
∟15回×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.