名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 渋谷 様

  • HOME »
  • オンライン解析 渋谷 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現状の問題点においてお伝えさせていただきます。
1枚目の写真は左足を踏み出した時の瞬間です。
左足のつま先がピッチャーに向いてしまっています。
つま先がピッチャー方向へ開いてしまうとその上の
膝や腰、肩も開きやすくなってしまいます。
インパクト後にスイングの回転の勢いでつま先がピッチャー方向に
向いてしまうのは問題ないのですが、インパクト前につま先がピッチャー方向に開くと
体が早く開いてしまいアウトコースも遠くなりますし、バットも出てくるのが遅くなってしまいます。
ですので足を着地させた時にはまだつま先がホームベースの方向に
向いているように足を着地させていきましょう。
そうすることでさらなる飛距離アップ、ミート力アップにつながりますので
是非取り組んでみてください。

 

 

この写真はボールをとらえる瞬間の写真です。
ここで注目していただきたいポイントが頭とバットの位置です。
頭とバットの位置を見てみると離れすぎてしまっています。
この原因としても1枚目の開きが原因となります。
左足のつま先から開いてしまっているため、踏ん張ることができず
力が外側へ逃げているためにバットが遠回りしてインパクトでバットが離れてしまいます。
取り組みとしてはインパクトまではピッチャーに胸を向けないようにスイングをしてみてください。
捕球の際、ボールに対して胸を向けていきますが
バッティングではボールに対して胸を向けていきたくありません。
ギリギリまで胸を見せないことで飛距離・ミート力は上がっていきますので
ぜひ取り組んでみてください。

 

 

この写真はフォロースルーの瞬間です。
ここで注目していただきたいポイントが右腕です。
右腕の返しが強すぎてしまっています。
右腕が強くなってしまうのも2枚目のバットが遠回りしてしまいバットが出にくいがために、
右腕で押し出している形となってしまっています。
理想のフォロースルーというのは左肩にバットを担ぐ形となります。
インパクト後のフォロースルーでは力は必要ありません。
インパクトにどこまで力を出せていけるかが大切になります。
なのでフォロースルーはそのインパクト後の勢いでもっていくので、
楽な形である左肩にバットを担ぐ形で終わるのが理想となります。
現時点ではフォロースルーまで力が入ってしまっています。
前にバットを投げるイメージでスイングしていくとインパクトに力が入り、
フォロースルーでは力を抜いて持っていけます。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
前足の膝の開きを改善するための練習方法
∟20スイング

トレーニング動画②
こねったスイングを改善するための練習方法
∟20スイング

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.