名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

打撃・投球フォーム 改善事例集

  • HOME »
  • 打撃・投球フォーム 改善事例集

BASEBALL ONE

 

 

野球 連続写真

 

 

かいぜん

reform10

修正前は上半身に頼ったフォームになっており上体が先行してしまっていました。
股関節の柔軟性を高め、下半身主導のフォームに改善し開きを抑えるように修正しました。

かいぜん

reform8

改善前は踏み出し足が着地した時に肘が肩の高さより下がってしまっています。
この状態では回転時に肩への負担も大きくなるので本来の動作のポジションまで改善させて頂きました。

かいぜん

kaizen_1

インパクト時にステップ幅を確保。またポイントが手前にありすぎていた為、
窮屈なスイングをしていた。腕の伸ばし方を改善し、インパクトのポイントを”前”へ修正。

かいぜん

kaizen_2

改善前はグラブが下がり開きが早く上体に頼ったフォームになっていました。
下半身の使い方、グラグの使い方を改善させて頂きました。

かいぜん

kaizen_3

上半身主導のフォームによりインパクトがとても弱かったので、
下半身を使い、リストワークを向上するトレーニングを行いました。

かいぜん

kaizen_4

肘から先に出てしまうフォームのためボールを押し出してしまい、
胸を十分に張ることができないのでリリースの力が弱くなってしまっていたので、
リリースを強くするためのドリルを行い、しっかりと胸が張れるように改善しました。

かいぜん

少年野球 理想 投球フォーム

左肩に力みが出ていたため、肩甲骨のトレーニングを実施。
下半身が外側に力が向けられていたため、内側に入るよう修正。また体幹トレーニングも同時に行いました。

かいぜん

野球 連続写真

右足がアウトステップし、十分なステップ幅を確保できなかった。
右足の着地改善とスイング軌道を修正しミート率も向上。

かいぜん

野球 連続写真

左足で体重を支えられず上半身が投手方向へ倒れていた。
ノーステップスイングを行い下半身のバランスを強化。右ひじの入れ方も修正し、
スイング軌道のフォローを拡大することによりバットの芯で捉える率も上昇。

 

 

 

お客様の声バナー

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313