名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

スナップスローマスタープログラム

  • HOME »
  • スナップスローマスタープログラム

野球をやっていれば
必ず一度は聞くであろう
「スナップスロー」という言葉

 

レベルが高くなっていけば
使う頻度も多くなり
上達には必須の技術といえるでしょう。

 

しかし
小学校から中学校
中学校から高校へとレベルを
上げていったからといって
自然にできるものではありません。

 

スナップスローができる小学生もいれば
スナップスローが
できない高校生も実はたくさんいます。

 

もし今できないというあなたも
心配いりません。

 

しっかりとした知識と練習をすれば
必ず誰でもスナップスローを
習得することはできます。

 

今回のセミナーはそんな
スナップスローをテーマに

 

・なぜスナップスローが必要なのか
・スナップスローの意外な利点
・スナップスローの練習方法

 

などをお伝えしていきます。

 

セミナー講師

セミナー内容

スナップスローとは

スナップスローと聞くと
どんなイメージが浮かぶでしょうか?
多くの場合内野手が使う技術と
考えているのではないでしょうか?

 

ですが実際には
スナップスローは内野手だけが
使うものではありません

 

外野手であっても
キャッチャーであっても
ピッチャーであっても使う場面は
あるのです!

 

スナップスローを行う場面は
様々ありますが
その多くの場合が
送球を受け取る相手が捕りやすい
ボールを素早いモーションで
投げることにあります。

 

例えば
内野手であれば
ゴロを捕球してファーストに投げる時には
素早いモーションでファーストが捕りやすい
球を投げることが必要ですので
スナップスローが多く使われます。

 

では
外野手の場合はどうでしょうか?

 

外野手の場合
内野手と違って長い距離を
強く投げることが求められます

 

そのためスナップスローのように
素早いモーションをしてしまうと
送球が弱くなってしまい
長い距離を投げることができずに
逆にボールが相手に到達するまでに
時間がかかってしまいます。

 

しかし
外野手でも短い距離を
素早く投げなければいけない状況は
存在します。

 

もしそんな時に
スナップスローではなく
通常のスローイングをしてしまったら
どうなってしまうでしょうか?

 

おそらく
間一髪のタイミングでのプレーを
求められる時
モーションが遅いために
送球が間に合わなかったり
送球が速すぎてしまうため
相手が捕りにくかったりしてしまいます。

 

そのため
野手として試合に出場する以上
スナップスローを習得して
状況に合わせて使い分けることが
必要なのです。

 

もちろんピッチャーであっても
バント処理などで
スナップスローは使われます。

 

想像してみてください

 

バント処理などの
ボールをピッチャーが捕り
ピッチングのように
一塁や三塁に送球をしていたとしたら

 

まず第一にモーションに
時間がかかりすぎてしまい
間に合わなくなってしまうでしょう。

 

また短い距離でピッチングのような
速い球を捕ることは
送球を受ける側にとっては
とても難しいことです。

 

だからこそピッチャーでも
スナップスローは
必要な技術なのです。

 

これから全てのポジションを
守る可能性のある
という選手はぜひ身につけておきましょう。

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.