名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

西村昌太朗

BASEBALL ONE

メッセージ

BASEBALL ONE代表・ベースボールアナライザー

動作解析サポート
BaseBall ONE(ベースボール・ワン)の
西村 昌太朗です。

西村 画像

 

 

最新の動作解析ソフト(プロ球団も導入中)を駆使し様々な角度から少年野球~プロ野球選手まで幅広い層の選手の動作解析・分析レベルアップのサポートをしています。

投手であれば・・・
・投球時のフォーム分析・解析
 (ストレートと変化球の腕の位置等)
・牽制時の始動チェック
・フィールディング動作の改善
・フォーム変更時のサポート

打者であれば・・・
・打撃フォーム(実打)の分析・解析(コース、球種別フォーム等)
・「トップ→割れ」までなど動作を細分化し問題点を絞り出す
・エンドラン、バスター、バントなど作戦面の打撃動作の改善

ご利用方法は様々です。

皆様の一日も早い目標達成のサポートを致します!

野球経歴

staff2

●豊田大谷高校
高校1年夏~3年夏まで背番号1。
高1 全三河大会で最優秀選手賞獲得。
高2 7回参考記録ですが完全試合達成!
高3 エース、4番、キャプテン。
MAX 144km。変化球7種類
米球団4チームからオファーがありました。

● 日本体育大学(1年在籍)
入部してすぐ背番号1をいただきました!
同学年に、湊倫也(現 JR北海道)亀浦俊一(現 JR東日本東北)
吉田干城(現 横浜ベースボール整骨院)黒木 豪(横浜高)
小笠原ユキオ(日章学園)など多数のプロ注目選手とプレー。

● 東海理化  打者へ転向!
在籍年数4年。 都市対抗2回出場。
プロへの思いから、横浜、広島のプロテスト受験!
その後、巨人から育成枠で・・・
非公式ですが、球速147kmを計測したこともあります。

 

2012年 野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONE設立。
現在までにプロ野球選手をはじめ、
全国の社会人選手から少年野球選手、
女子ソフト選手など数多くの選手をサポート。
またチーム単位でのサポートも実施。
年に数回行われる限定キャンプや
セミナーには県内だけでなく全国の選手や
その保護者が参加するほどの人気。
また自信が配信するビービーワン!通信は
県内最大級の配信数を誇るメールマガジンへと成長し、
購読者は指導者から選手までと幅広い層に好評を得ている。

全国屈指のコーチングテクニック

有名私立高校の監督、コーチから指導依頼が多数寄せられ
「即効性がある」と声が上がるそのコーチングテクニックは
選手だけでなく現場の指導者からも最高の評価を得る。
高校野球や社会人野球の指導者がお忍びでそのコーチングを
学びに訪れるほどだ。サポート・アドバイスを行った選手の中には
プロ選手も数十名含まれているが「お互いに真剣に取り組みたい」
という思いから、取組む姿勢に問題があった選手に関しては
プロの選手であろうと契約を打ち切り、2度とサポート契約を
しないという徹底ぶり。球速アップやコントロール向上はもちろん、
イップスのような投球障害を起こした選手のサポートも行う。
また打撃サポート時にも一人一人に合わせた内容で
コーチングを行い「気づきが最高の改善方法」という
独自の考えのもと選手を目標達成に向けてサポートしている。

独自の野球眼

常識を常に疑う。野球の指導に正解はない。
一人一人に合わせ一番合うものを選手と
一緒になって探し続ける。昔ながらの野球界の良さを消さずに
時代に合わるその柔軟なスタイルは監督と選手の架け橋となっている。
指導や考え方が偏りがちな野球というスポーツにおいて
彼が観る野球観は独自性が強い。矛盾点を的確に指摘し
その解決策までを明確に提示するその考え方は多数の野球人を魅了する

恵まれた人脈・あくなき向上心

プロ野球界をはじめ、医療機関、教育機関、企業、と
豊富な人脈を駆使し、「自分自身の成長が選手への還元になる」と、
関係各所に自ら足を運び知識習得、自信のレベルアップの為の
勉強・トレーニングを欠かさない。また、そうした
人脈、企業間のマッチングも行い野球という分野を
飛び越えた活動も精力的に行う。

動作解析とベースボールキュレーション

野球は感覚的な言葉、指導が多発しているスポーツである。
しかし、その感覚は選手のものではなく指導者のものである。
その問題点に着目し、その解決策として浮かび上がったのが
動作解析という1つのツールだった。選手がいかに分かりやすく、
気持ちよく野球をしてもらえるかが大切であり、選手と指導者の
妥協無き真剣勝負はそこに嘘があってはならない。
野球というスポーツは繊細な動作を必要とする。
だからこそ選手に対し眼に見える形でコーチングを行う必要が
ありその中で選手に分かりやすくその動きを伝えられる
動作解析というツールを広めていくため日々奮闘中である。
また、「情報が溢れすぎて選手が何をすれば良いのか
分からなくなっている」と、ベースボールキュレーションという
新たな用語も提唱している。ベースボールキュレーションとは
情報を収集しその情報をそこから更に分類しつなぎ合わせ、
新たな価値を持たせて共有する活動をいう。溢れすぎて
何をすれば良いのか分からなくなってきている次世代の
選手達への貢献活動も今後の指針として打ち出している。

 

 

西村昌太朗のウェブセミナー

 

西村昌太朗のブログ

kakow

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.