「バッティングで大切なことは?」

そう質問された時に
何と答えますか?

 

タイミング?
下半身の使い方?
ドアスイングにならないこと?
開きを遅らすこと?

どれも大切なことですよね。

 

バッティングでは
・打率を上げたい
・飛距離を伸ばしたい
・今よりももっと打てるようになりたい
こうした思いから

下半身の使い方を見直したり
体の開きを遅くするためには
どうしたら良いのかなどと
試行錯誤を繰り返します。

 

しかし、、、
意識をしただけでは
なかなか改善できないことは
よくあるものです。

 

その理由の一つとして、、、
『アドバイスが抽象的だ!』
ということです。

 

実際に受けるアドバイスの多くは
「始動を早くするように!」
「ヘッドが下がらないように!」
「もっとタメを作って!」
「開きが早いぞ!」
「突っ込んでいるぞ!」
など

どれくらいなのか?
どのようにすると良いのか?
選手任せのようなことが
当たり前に使われています。

 

こうした抽象的なアドバイスでも
しっかりと自分の
理想のフォームの形を
選手自身が理解していれば
そのようなアドバイスで良いのですが

「どうなると良いのか?」
という道筋が見えていないまま
抽象的なアドバイスをしても
なかなかレベルアップしないことは
よくあるものです。

 

特に!
小学生ともなれば
自ら考えてスイングすることは
難しいですよね。

 

だからこそ!
『どうなっていくのか?』
という道筋が見えるように
それぞれの動作について
正しく理解していく
必要があります。

 

こうした動作を学んでいくからこそ
実戦でも応用ができるように
なったりするものです。

 

小学生のお子様のを持つあなたは
お子様のフォームの気になる所を
よーく考えてみると、、、、

スイングが波を打っていたり
脇が開いてしまったり
こねるようなスイングをしたり
ガチガチに力んでバットを握っていたり
などと

上半身にどうしても
目がいかないでしょうか?

 

こうした原因は様々で
下半身の使い方を変えていくことで
改善するケースも多くありますが
上半身の問題となるフォームを
修正していくためには

まずは!
『上半身の正しい使い方』
理解しなければいけません。

 

特に!
バットを扱う『腕』の使い方
覚えていくことでフォームの改善も
しやすくなります。

 

あなたのお子様は
バッティング時の
『押し手』『引き手』
使い方は大丈夫ですか?

 

ぎこちない動きになっていないですか?
スイング軌道は大丈夫ですか?

 

手打ちになってしまう…

腕だけでバットを振る状態
よく言われる『手打ち』

 

体重移動を上手く使うことができずに
下半身と上半身が連動してこないことから
腕に無駄な力も入ってしまうため
スイングスピードが遅くなったり
タイミングが合わなくなったりするので
腕だけで当てにいってしまうような
スイングになってしまうのです。

 

この状態では
確率が向上してこないばかりか
飛距離も出てきませんよね。

 

そこで!あなたに
確認して頂きたいことは
「頭の位置」です。

 

腕だけで振ってしまう
選手の傾向としてスイングした時に
頭がホームベース方向に傾いた状態で
スイングをしてしまうことがあります。

 

こうしたフォームになってしまう
理由の一つとして
『空振りしたくない!』
という意識があります。

 

また、構えの時から傾いた状態で
スイングを開始して
しまっているケースも
よくあるものです。

 

あなたのお子様の構え方、
スイング時の頭の傾きは
どのような状態になっていますか?

 

バットはストライクゾーンをしっかり振り
ピッチャーが投げるボールの軌道に合わせて
スイング軌道を合わせて振ることで
確率も上がり、飛距離が出てきます。

 

そのボールの軌道と
スイング軌道を合わせるためには

いかに!
バットの芯がボールの軌道を
長く通ることができる
スイングが求められます。

 

ですが
体が必要以上に傾くことで
その傾いたままの状態で
バットを出していくことになるので
当然、スイング軌道も
ぶれやすくなってしまうのです。

 

こうなってしまうと
ボールの軌道に
無理やり合わせるため
腕の力を使ったスイングを
するしか無くなってしまうのです。

 

体の回転や体の力を
うまく利用するためには
上半身を地面からある程度
真っ直ぐにしておくことが必要です。

 

そのためにも
頭がホームベース方向に
傾いてしまっていないか
フォームを確認して下さいね!

 

肩が下がってしまう…

スイングする時に肩を下げてしまうことで

・ヘッドがキャッチャー側に
 倒れやすくなったり

・バットが遠回りしやすくなったり

・体重移動が不十分となったり

・目線がぶれたり

・脇が開きやすくなったり

・骨盤が後傾しやすくなったり

・体の開きが早くなりやすくなったり

様々な確率を下げてしまう
原因になったり
飛距離が上がらない原因に
なったりするものです。

 

こうしたことから
スイングをする時には
「肩を下げないように!」
そうアドバイスをされるものですが、、、

間違った認識をしている選手が
非常に多いのです。

 

あなたはスイングをする時に
どのフェーズで肩が下がっては
いけないかご存知でしょうか?

 

それは
テイクバック~トップ
にかけてです!

よく、、、
バットを出していく時や
インパクト時に
肩が下がってはいけないと
認識されるものですが

肩を下げなければ
低めのボールを
打つことはできません。

 

バッティングでは
スイング軌道とボールの軌道を
いかに!合わせていくことができるのか?
ということが大切となります。

 

こうしたスイングが
できているか?
という確認方法は

インパクト時に
両肩のラインとバットが
並行に出ているのか?

ということが
1つのチェックする
目安ともなります。

 

低めのボールに対して
両肩のラインとバットが
並行になるように
スイングをしていこうと思えば
必ず肩を下げなければいけません。

 

それにも関わらず
『肩を下げないように』
という意識を
必要以上にしてしまえば
スイング軌道がボールの軌道から
ずれやすくなってしまうのです。

 

バットを出していく時に
ボールの方向へ体幹を傾けながら
スイングしていくことが必要となります。

 

もし!
「肩を下がっているぞ!」

このようなアドバイスを
受けた時には
テイクバックからトップ位置を
作るまでの動作で
肩がキャッチャー側に
下がっていないか
確認してみてください!

 

この時に必要以上に
下がってしまうとその後の動作に
悪影響が出たりするものです。

 

バッティングでは
肩の下りのような例はたくさんあります。

 

体の開きが早くなってはいけませんが
開きを抑える意識が強くなるあまり
体重移動が不十分になったり
こねてしまうスイング軌道に
なりやすくなったりします。

 

フォロースルーを大きく取りたいのですが
大きく取る意識が強くなるあまり
必要以上な回転をしてしまったり
スイング軌道がズレやすくなったりします。

 

軸足に体重が乗った状態を作ることで
タイミングも合わせやすく
なったりするものですが

 

軸足に体重を乗せる意識が強くなるあまり
振り遅れてしまうことが多くなったり
ヘッドが下がりやすくなったりします。

 

体重移動の力をフルに使って
スイングをしていきたいものですが
体重移動を意識するあまり
振り遅れることが多くなったり
突っ込みやすくなったりします。

 

一般的に『常識』かのように
言われている様々なアドバイスの
“本質”をしっかり理解して
練習していかなければ
なかなかレベルアップをしていかない
ということはよくあるものです。

 

もしあなたが
バッティングの上半身の使い方について

どう動かせばいいのか?
どう練習していけばいいのか?

明確にできない場合は
こちらのオンラインセミナーが
オススメです!

バッティングマスタープログラム
-上半身フォーム編-

▼こちらからチェック▼