脇を締めた形で
構える女子選手が多くいます。

指導の中でも
「女の子は力がないから
しっかり両脇をしめて
体の近くから最短距離で
バットを出してきなさい!」
と言われることが多いです。

 

男子選手に対しても
「外国人は力があるから
脇を開けて構えているんだ!

けど、日本人は力がないから
両脇を締めて最短距離で出せ!」
と注意する指導者が多くいます。

 

しかしその指導は間違っています!

 

構えた際に押し手の肘が
地面を向くのではなく!

キャッチャー側を向かなければなりません!

押し手側の脇を絞れば絞るほど
肘が体に当たってしまい
スイングした際にヘッドが
体から離れてしまいます。

ヘッドが遠回りしてしまうと…

アウトコースは
切ったようなスイングになってしまい

インコースは体が開き、詰まってしまう
など、悪影響を及ぼします。

よって
脇を開けて構え、
肘の動きが出やすいように
しましょう!

 

そうすると
ヘッドが遠回りすることなく
スムーズにバットが
出るようになります!

 

この押し手を上手く使う事で
飛距離・打率ともに上がります!

 

また!
逆方向にも強く打てるようになります。

 

押し手の使い方の確認として
片手でバットを持ち、
ゆっくりスイングをしてみましょう!

 

その時にヘッドが下がってしまった場合は
押し手の使い方が間違っている
ということになります!

 

ゆっくりスイングができるようになったら
次は片手でティーバッティングを行い
しっかりとボールを
とらえられるようにしましょう!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録