フォロースルーとは
インパクト後の
動きのことを指します。

 

そのフォロースルーの動きは
インパクトへのバットの入り方や
下半身の使い方、手首の使い方、
体重移動のタイミング、
そして体の開きが
とても関係してきます!

 

たとえ、
正しいフォロースルーを覚えたとしても
インパクトまでの動きが悪いと
正しいフォロースルーの動きをするのも
難しくなってしまいます。

しかし!

逆を言えば
正しいフォロースルーの取り方を覚える事で
正しい体の動かし方が分かるという事です!

 

女子選手に多く見られるのが

力がないからといって
ボールに負けないようにと
ポイントの位置を前に置き
ヘッドを使って打つ

意識を持っている選手や
指導を受ける選手がいます。

 

そういった意識を持っている女子選手は
正しいフォロースルーを上手く取れません!

 

その理由は…

ポイントの位置を前に置いてしまい
ヘッドが返りすぎてしまうからです。

そうなるとフォロースルーが
背中側に引いたような動き
してしまいます。

そうなってしまうと
長くボールの軌道に
スイング軌道を入れることができません。

 

正しいフォロースルーというのは
本来、ピッチャーが投げてくる
ボールの軌道(ストライクゾーン)に対して
長くバットを入れて振れることが
とても重要になって来ます!

方向でいうと
ピッチャー、センター方向に
ヘッドを出していくことで
長くボールの軌道に
スイング軌道を入れることができます。

 

そうなると
大きく、スムーズなフォロースルーを
取ることができます。

 

ボールに当てるだけになっている選手は
ボールの軌道に対して
振れる時間、距離が短くなります!

 

そんな選手も
女子選手に多いのですが

当てて終わりになってしまうと
すぐフォロースルーを
取ろうとしてしまうので
ボールの軌道に対して
スイング軌道を
長く入れることができません。

 

ここで考えてもらいたいのが
ピッチャー(バッテリー)は
何を考えて投げてきているのか?

 

ピッチャー(バッテリー)は
バッターのタイミングを外そうと
変化球を投げてきたり
軸足をずらそうと足元に投げたり
間(タイミング)を変えたりしてきます。

 

そこで崩されないように
打っていくためには…

やはり!

ボールの軌道に対して
長くバットを振る事が
いいバッターの条件となってきます!

 

その点を理解できるようになると
確率・打率が上がりやすくなります。

 

最後にもう一つ、
女子選手に多いフォロースルーが

インパクトからバットを
肩まで持ち上げようとすることです。

いい形でインパクトを迎えても
バットを持ち上げようとする事で
バットがボールの上をとらえてしまい
ゴロの打球となってしまいます。

 

フォロースルーは
ボールの軌道(ストライクゾーン)に対して
バットがボールの下を通るように
振っていきましょう!

 

最初にもお伝えしましたが
基本的にフォロースルーとは
体の連動により作られるものですが
まず正しいフォロースルーの動きを
把握することは重要な点となります。

女子選手と男子選手では
体の特徴や使い方が異なります。

 

そこで女子選手に特化した
バッティングセミナーを
あなたにご紹介します!

 

こちらのセミナーでは
女子プロ野球チームのヘッドコーチとして
日本一に導いた森章剛が
女子選手の特徴や
練習方法をご紹介しています!

 

こちらのセミナーをご覧いただき
普段の練習にご活用していただくことで
お子様のレベルアップに繋がります。

 

▼詳しくはこちらからチェック▼



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録