変化球に対応していくために
下半身の粘りとともに
思ったところにヘッドを出すという
腕の使い方も大切なポイントとなります。

 

腕の使い方を身につけることで
ヘッドが走り、変化球でも
強い打球を打つことができます!

 

そして腕の使い方を身につけ
ヘッドの走り方をマスターすると
変化球を拾うこともできます!

 

そこで今回は変化球に対応するための
腕の使い方を身につける練習方法
ご紹介します!

 

ぜひ、今日から取り組んでみてくださいね!

 

手首を返すタイミングを覚えるための練習方法

こちらの練習方法では
肘や手首の使い方だけでなく
返すタイミングを
覚えることができます。

また、ヘッドを走らす感覚も
養うことができます。

 

【目的】
手首の返すタイミングを覚える

【目安所要時間】
10分程度(10〜15回)

【手順】
1.押し手はバットの真ん中、
 引き手はグリップエンドを持ち、構える。

2.スイングに入っていく
3.振り出す瞬間に押し手を離す

【注意点】
・手の平で押していくこと
・下半身の回旋運動とともに行うこと

 

ボールとの距離感を合わせるための練習方法

変化球を捉える時には
ボールとの距離感が
大切となります。

腕の使い方とともに
ボールとの距離感を
覚えていきましょう!

 

【目的】
インパクトのボールと体の距離を確認し、
ボールにスムーズに力を伝えるため

【目安所要時間】
10分程度(20スイング)

【手順】
1.ボールを両足の中心に置き、構える
2.スイング動作に移るときに
 後ろ肩が下がらないようにスイングする
3.ボールを投手方向に打つ

【注意点】
・顔がボールに近寄っていかないようにする
・後ろの肩が下がり過ぎないようにする
・打ったボールは投手方向へ返す
・ボールを置く位置は
 両足を開いた時の中心に置く 

 

正しいスイング軌道を覚える為の練習方法(引き手)

変化球を捉えていくためには
引き手の使い方が
ポイントとなります。

引き手を支点として
ヘッドを出すことで
ヘッドスピードや
ミート力はアップします。

 

【目的】
正しいスイング軌道を覚えるため
引き手の使い方を覚えるため

【目安所要時間】
5分程度(20〜30スイング)

【手順】
1.片手用バット、
 なければ通常のバットを用意する
2.引き手でバットを持ち構える  
 (通常のバットの場合短く持って構える)
3.引き手一本でバットを持ち、打っていく

【注意点】
・バットが投手方向に伸びていくようにする
・手だけにならず、下半身から連動させること

 

リストを強くするための練習方法

リストの強化を図ることで
ヘッドスピードが上がり
変化球でも強い打球を
打つことができます。

 

【目的】
リストの強化

【目安所要時間】
5分程度(10回〜15回)

【手順】
1.片手でバットを持つ
2.体に肘をつけた状態で構える
3.内側、外側へとバットを倒していく

【注意点】
・肩が上下に動かないようにする
・バットが地面と平行のところで止める

 

今回ご紹介した練習とともに
変化球を打つために必要な考え方を
身につけることで
相手ピッチャーに崩されることなく
打ち返すことができます!

 

その変化球を打つために必要な考え方は
こちらでご紹介しています!

▼詳細はこちらから▼



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

ビービーワン通信申込みフォーム
お名前(姓)  *  例)鈴木、田中
お住いの地域  *
メールアドレス  *