burog

こんにちは!

BASEBALL ONE
森章剛です。

 

今回は、マシン打撃を行なっていく中で
マシン打撃を試合で活かすために

どういうことをしていったらいいか
どういう意識を持っていったらいいか

ということを4つご紹介していきます。

ぜひご覧ください!!

 

自己満足のバッティング練習にならないこと

マシン打撃を試合で活かすために
大切なことの一つ目として

「自己満足のバッティングにならない」ことが
とても重要となってきます。

 

自己満足のバッティングにならないとは??

 

マシン打撃になると
スピードもコースも高さも全て
自分に合わせることが出来ます。

 

また、
マシン打撃の際は
ボールが出て来るタイミングは
常に同じタイミングになります。

 

ですから、
どうしても自分が打ちやすい、
自分が好きなコースなどの

マシン打撃を続けてしまいがちになります。

 

マシン打撃だと
1、2、3のタイミングで振れば
大体タイミングは合いますが

試合になるとそうはいきません!

 

試合になると

どんなスピードで来るかも

どんな球種かも

どんなコースかも

分からないので
タイミングで言えば
1、2ーの3
と言ったように
「の」が必要になって来ます。

 

「の」が入る事で
どんなボールかを見極める時間が
必要になるという事です。

 

しかし
ほとんどの選手が
1、2、3でマシン打撃をしてしまいます。

 

 

これは完全に
練習のための練習になっているのです。

プロ野球選手でも2軍の選手達は
1、2、3で打つ選手がほとんどです。

 

どうだ、こんなに俺は飛ばせるんだ!
と言わんばかりに
気待ち良くスイングしています。

 

逆に一軍でも
レギュラークラスの選手のマシン打撃は
1、2-の、3

逆方向を意識してスイングしてきます。

 

やはり
一軍で結果を残し続ける選手は
試合のための練習をおこなっています。

 

自己満足の練習にならないように意識して
トレーニングを行なっていきましょう!

 

ケースバッティング

マシン打撃を試合で活かすために
大切なことの二つ目として

ケースバッティングになります。

 

ケースバッティングとは
試合を想定したバッティング練習になります。

 

例えば

ノーアウト、ランナー無し

ノーアウト、ランナー1塁

ノーアウト、ランナー1・2塁

ノーアウト、満塁

などの試合のケースを想定した
バッティング練習となります!

 

 

このケースバッティティングでは
マシン打撃という限られた時間で

バッターに要求されること
打球方向などを瞬時に頭を使って

打っていくといった練習方法になります。

 

ケースはマシンゲージの外の人間が
提案してあげると

より一層
瞬時のケースの判断力が上がります!

 

また、
カウント等も設定していくことで
より一層、試合に近いマシン打撃が出来ます。

 

このように
ケースバッティングをおこなうことで
試合で緊張することも減っていき
ますし、
試合で慌てることも少なくなります!

 

野球は
1球ごとに展開が変わりますし
状況も変わります。

 

この状況の変化に対応することで
状況判断が出来るいい選手となります。

 

またマシン打撃で
ただ来たボールを打つだけよりも
この様な
ケースバッティングを行うことで
バットコントロールの上達に繋がります!

 

バッティングだけではなく

・送りバント

・セフティーバント

・スクイズ

などの練習も
試合のケースで行なっていきましょう!

 

各コースへの反応練習

マシン打撃を試合で活かすために
大切なことの三つ目として

各コースへの反応練習になります。

 

この反応練習とは
自分が打席内で

狙っているボールが来た際の体の反応

狙ってない球が来た際の体の反応

高めを狙っていて低めへの反応

など
試合で起こりえる、
体の反応をマシン打撃で
トレーニングすることが出来ます。

 

例えば

マシンをインコースに合わせて
アウトコースを待っていて反応する

インコースを待っていて
アウトコースを反応する

変化球を待っていて
真っすぐに反応する

高めを待っていて
低めのボールに反応する

インコースを待って
インコースを打つ練習

など
このマシン打撃をルーティーンで
繰り返すことで

試合と同じ状況を作れるということです!

 

何が来るか分からない状況を作る、

また待ってたボールが来た際に
力まずに
バットを出していく
反応のトレーニング

 

野球とは
目で見たものを
体に反応せるスポーツになるので
マシン打撃でも

分かってるボールを練習する方法と
分からない状況を作って練習させる方法が

出来るということです!

 

調子を上げるために

マシン打撃を試合で活かすために
大切なことの4
つ目として

調子を崩している選手が
試合で打つために
調子を上げるために
マシン打撃を行なっていきます。

 

野球はメンタルのスポーツとも言われるように
マシン打撃で気持ちよく

スイングして気分を上げる!
といった練習にもマシン打撃は
有効なトレーニングになります。

 

今回、マシン打撃を試合で活かしていくための
方法を4つご紹介していきました。

ただマシン打撃をするのではなく、
こういった意識を持ちながら
練習していくことで
より効果の高い練習を行なっていくことが
できるようになっていきますので
ぜひ参考にして取り組んでみてください!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

ビービーワン通信申込みフォーム
お名前(姓)  *  例)鈴木、田中
お住いの地域  *
メールアドレス  *