こんにちは
BASEBALL ONE 森 章剛です。

 

今回は、マシンバッティングや
バッティングセンターなどの
マシンで打っていく際に注意してほしいポイント
気をつけてほしいことについて
3つお伝えしていきます。

この点を抑えて
取り組んでいくことで
マシンバッティングの練習を
存分に利点を活用し
試合に活かしていくことができますので
ぜひ参考にしてください。

 

①タイミング、間の取り方

マシン打撃を行なう上での注意点、
気を付ける事の中の一つ目として

タイミング、間の取り方になります!

やはりマシン打撃となると
ボールが出て来るタイミング
また、ボールのスピード
そしてボールのコースが、
どうしても一定になってしまうので、

体の動きが流れ作業になってしまったり
分かっているボールになるので、
気持ちよく打ちたくなり
どんどんタイミングが
遅くなっていきやすくなります。

 

どうしてタイミングが遅くなってしまうのか?
と言うと、
ステップ足が着くと同時に
スイングをした方が力出しやすいからなのです。

 

しかし、
これはマシン打撃で
気を付けてもらいたいポイントとなります。

 

このステップ足が着地と同時に
スイングをするケースを試合で考えると

バッター有利のカウントとなります。

 

例えば

初球
・1ボール
・2ボール
・3ボール

といった感じのボールが先行しているケース、
つまり
空振りが出来るケースという事になります。

 

この空振りが出来るケース中心の
打撃練習になりやすい
ということなのです!

 

実際の試合の中で
空振りが出来るケースというのは、

そんなにあるわけではありません。

 

ワンストライク後でも
空振りは出来ると思われますが、

ツーストライクに追い込まれては
やはりそうそう打てる訳がありません。

 

バッター心理からして
ツーストライクに追い込まれるまでには
勝負はしたいものです!

 

ですから、
マシン打撃での注意点、
気を付ける事として、
タイミングが自分では気づかない間に
遅くなってしまってくること!

 

マシンがボールをリリースする際には
ステップ足を着き
どんなボールが来ても打てる
準備、
間を作る事がとても重要になってきます!

 

 

②逆方向への意識

マシン打撃を行なう上での注意点、
気を付ける事の中の二つ目として
逆方向への意識です!

 

この逆方向への意識と聞いて
逆方向に必ず打ちなさい!ではない事を
まず初めに理解して頂きたいです。

 

では、
なぜ逆方向を意識しなければならないのか?

 

やはり、
マシン打撃は一定のボールが来ます。

 

その一定のボールに対して
ほとんどの選手が、
どうしても
引っ張りたくなってしまうからなのです!

 

大抵の選手が初めは意識して
逆方向へ打っていきますが

ボールに対してのバットの軌道も
いい角度で入ってくれるので

どのボールに対しても
芯で捕らえやすくなります。

 

また、
少しタイミングが遅れても
ファールボールになってくれます。

 

そのうち、
調子がいいと勘違いし始めて
引っ張りたくなってしまうのです。

 

引っ張って打った方が
強い打球が打てるし、

打ってて気持ちが良いことから
このようになってしまうのです!

 

先程もお伝えしましたが
ここで勘違いをしてもらいたくないのが
逆方向に打ちなさいではないということです!

 

もっとわかりやすくお伝えすると
逆方向に向きなさい!ということなのです。

 

右バッターであれば、
セカンド、ライト方向
左バッターであれば、
ショート、レフト方向です。

 

この逆方向に向くことが試合で打つためには
とても重要なポイントになります。

 

先ほどもお伝えしたように、
マシン打撃になると
当然分かっているボールなので

気持ちよく打ちたくなってしまい、
引っ張ろうとする打撃を
続けてしまいやすくなり

そのことによって体が
どんどん開いていってしまうのです。

 

しかし、
相手はマシンなので
スピードもコースも一定のため
体が開いていても
それなりにはバットに当たるので

自分ではフォームが崩れてしまっていることにも
気付きにくくなります。

 

試合になると
ピッチャーが何を投げてくるか
分かりませんよね!?

 

ですから、
逆方向を意識することで
体の開きを抑えることが出来るのです!

 

バッティングにおいて「体の開き」が
一番と言ってもいいぐらい
厄介な改善点なのです!

 

③前からのボールでフォームの改善ができる

マシン打撃を行なう上での注意点、
気を付けることの中の3つ目として
前からのボールでフォームの改善が出来る
ということになります。

 

やはり、
バッティングフォームの改善って
かなり時間が掛かりますよね。。。

 

フォームの改善方法として
やはり素振りになりますが
よくお悩みなどに

素振りではしっかり振れるんですが
ピッチャーが投げたボールになると
突っ込んでいったり、

崩れてしまうんです!

など、よく耳にします。

 

また、
スタンドティーも同様に
ボールが動いてないため


自分のタイミング・間で

スイングが出来るので、
崩れないんですが、
ピッチャーが投げると駄目なんです

などもよく耳にします。

 

そんな選手への改善方法として
マシン打撃はとても有効なのです!

 

1つ目、2つ目でお伝えしましたが
マシン打撃では

タイミング

スピード

コース

この三つが常に一定にボールが来るので
前からくるボールに崩れてしまう選手には
とても有効な練習方法なのです!

 

手投げになると、

投球フォーム

ボールのスピード

コース

全てがバラバラにきますので
やはりタイミングを取ることが
難しくなりますよね!

 

バッティングフォームの改善方法の順番として

1.素振り

2.スタンドティー

3.ティーバッティング

4.マシン打撃

5.手投げバッティング

の順番になってきます!

 

ただし、
ここでも気をつけてもらいたいことが
フォームを改善するために
マシン打撃を行なっているのに

分かっているボールなので
それなりに打ててしまうので
改善ポイントを忘れてしまう選手が
多く見受けられます。

 

先程もお伝えしましたが

スイングはいいんだけど
ピッチャーが投げたボールが打てない

と言った選手のほとんどが

ボールが遅すぎて打てない!

こういう選手がいますが
ボールが遅いから打てないというは
ただの言い訳です。

 

遅いボールが打てないのに
速いボールは絶対に打てません!

 

ですから、
マシン打撃を行なう際は
ただ単純に早いボールを打つことが目的ではなく
遅いボールを軸足でしっかり待ち
打ちにいくことが
試合でも打てるポイントとなるのです!

 

早いボールを打つことは
軸足が前に
流れる時間がないので
遅いボールを打つよりも
簡単なことなのです。

 

 

こういった
マシン打撃でのメリット・デメリット
また
マシンの特長をしっかりと
理解して練習をおこなっていくことが
とても重要となってきます。

 

今回お伝えさせていただいたことを頭に入れて
マシンを活用していくことで
より試合に近く
そして、改善・レベルアップにも
繋がっていきますので
ぜひ参考にしてみてください!!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

ビービーワン通信申込みフォーム
お名前(姓)  *  例)鈴木、田中
お住いの地域  *
メールアドレス  *