こんにちは
BASEBALL ONE 森 章剛です。

今、プロ野球選手でも
一流と呼ばれる左バッターの条件の一つとして

逆方向に長打が打てること

が上げられます。

 

しかし、
引っ張りが多い選手や
長打を打ててもライト方向ばかり
という選手も多くいます。

そこで、今回は
左バッターで逆方向に長打を打っていくために
必要な5つのポイントについて
お伝えしていきます。

 

体の構造を知ること

左打者が逆方向に長打を打つために
必要なこととして

まず一番初めに
「自分の体の構造を知ること!」
重要なポイントとなります。

 

人間の体の構造は、
利き手と利き足など関係なく
内臓の関係上体の右側が

重くなっています。

 

ということは、
右バッターはステップ足を上げて

そのステップ足を着地させにいく際に
意識をしなくても体重移動が起こりづらいため

自然と軸足が軸となり
体の回転で打つことが出来るのです。

 

しかし、
左バッターはステップ足を上げて
ステップ足を着地させにいく際に

体の右側が重くなっていることにより
無意識だと上体が
どうしてもピッチャー方向に
突っ込んで行ってしまうのです。

 

これは、
ボールを投げる動作も同様になります。

 

この自分の体の構造を知ることは、
左打者が逆方向に長打を打つためには、
とても重要なポイントに繋がっていきますので、
まず、しっかりと覚えておきましょう。

 

走る方向

次に、左打者が逆方向に長打を打つために
知っておかなければいけないこととして

「走る方向」があります。

 

野球というスポーツは打ったら
必ず一塁へ走らなければなりません。

 

右バッターは
打ったら走る方向が
体の正面(胸)方向に走るので

体の構造でお伝えしたように
上体がピッチャー方向に
流れきってしまうことは
ありません。

 

逆に左バッターは背中側に走るので
どうしても上体がピッチャー方向、
そして一塁方向に

流れてしまいやすくなります。

 

左バッターは体の構造上でも
自然と体がピッチャー方向に流れてしまうと
インパクト位置でしっかりとボールを
捕まえることができません。

 

インパクト位置でボールが捕まらないとは、
体が流れてしまうことで

インパクト位置でグリップを
背中方向に引いてしまうような動きが出てしまうので

ボールを切ってしまう確率が
どうしても上がってしまうということです。

 

ですから、
体が無意識になると
ピッチャー方向に流れてしまいます。

 

この走る方向を知ることで
自分の体の使い方の意識が変わることが

左打者が逆方向に長打を打つために
必要なポイントになります。

 

押し手の使い方

3つ目に、
左打者が逆方向に長打を打つために
必要なこととして

押し手の使い方になります。

左バッターが逆方向に長打を打つためには
押し手の使い方が
とても重要になってくるのです。

 

どうしても上体がピッチャー方向、一塁方向へ
流れてしまうことで
インパクト位置からフォロースルーに
バットが入っていく際に、
この押し手が
ピッチャーからのボールの軌道に対して
背中方向に抜けるような動きが
出やすくなってしまいます。

 

やはり
インパクト位置からフォロースルーが
背中方向に入ることで

ボールを切ったような弱い打球になってしまい
逆方向へ強い打球は

飛ばなくなってしまいます。

そこで
押し手でしっかりとピッチャーから

逆方向に向かって押し込んでいく動きが
取れるようになることで
逆方向への長打も可能となっていきます。

 

軸足の使い方

4つ目に、
左打者が逆方向に長打を打つために
必要なこととして

軸足の使い方になります。


やはり右バッターは意識をしなくても

軸足がピッチャー方向に流れてしまう動作は
抑えることが出来るのですが

左バッターはしっかりと意識をしないと、
どうしてもピッチャー方向に軸足が

流れてしまう動作が強く入ってしまいます。


ステップ足が着地した際に
軸足の
股関節に
しっかりとタメを作ることが出来なくなり
軸足の上でピッチャーからの
ボールを
待てなくなってしまうことで

早く体重移動が起こってしまうので
上体がピッチャー方向に
突っ込んでしまい
インパクト位置で
軸足の押し込みが弱くなってしまいます。

そのため、
しっかりと軸足がピッチャー方向に
早く流れてしまわないように
意識をして
ステップ足を着地させにいくことが、
左打者が逆方向に長打を打つために

必要なポイントの一つになってきます。

 

インパクト位置

そして、
左打者が逆方向に長打を打つために
必要なことの最後になる

インパクト位置です。

 

今回皆様にお伝えしてきました

・体の構造

・走る方向

・押し手の使い方


・軸足の使い方

を、もう一度考えていただくと

右打者はステップ足が着地して
ピッチャーからのボールを待つ際に
無意識でも体が突っ込んでしまう
動作は
強くはありませんが、

左打者は意識をしないと
どうしても
ステップ足を着地させた際に
体がピッチャー方向に流れてしまう動作が

入ってしまいます。

 

ですから、
左打者のインパクト位置は
どうしても

前さばき(ピッチャー方向)
なりやすくなってしまうのです。

 

このインパクト位置が
前さばきになってしまうと
両肘が伸びきってしまい

最大の力を
ボールに伝えることが
出来にくくなってしまいます。

 

また、
左打者が逆方向に長打を打つために
必要になるインパクト位置で

逆方向にボールを押し込んでいく動作を
作りにくくなってしまうので

インパクト位置は後ろ(体の近く)
打っていく意識をしっかりと持ち

ボールを押し込んでいく動作を作り
スイングをしていきましょう!

 

ここまで
左打者が逆方向に長打を打つために
必要な事をお伝えしてきましたが

ここからは
僕が実際にプレーをしてきた中での経験や
どのようにして
左打席の時に
逆方向に長打を打ってきたかを
お伝えしていきます。

 

僕自身は昔
体もさほど大きくはありませんでしたが、
とにかくホームランが
打ちたくて
練習をしてきました。

 

体も大きくなかった僕は
とにかくインコースを引っ張って

ホームランを打つことばかりを
考えていました。

 

しかし中学生から高校に上がり
ピッチャーのレベルが上がると
全く打てなくなりました。

 

それもそうですよね!

 

ピッチャーのレベルが上がるということは
コントロールも良くなります。

 

インコースしか打てないバッターに
わざわざインコースは
投げてくるはずがありません。

 

そこで
右バッターと左バッターの違いに
気づいたんです。

 

僕はとにかく
軸足をキャッチャー方向にしっかりと残して
軸足の押し込みを
作る練習を
とにかく反復練習しました。

 

その中で
初めに行なった練習が
ノーステップの状態からの打撃練習です。

 

これは、
ノーステップで打つことで
軸足の股関節へのタメをしっかりと作れないと
上体がピッチャー方向に流れてしまうので
軸足の押し込む動作が出来ないので

逆方向の打球が切ったような
弱い打球になってしまうからです。

 

ですから、
ノーステップで打つことで
打球を見たら
自分の目で出来ているかどうか
確認が出来るのです。


このノーステップで打つことで
気づいたことが、
トップの作り方でした。

 

軸足の股関節へのタメを
どこで作ったらいいのか?
といった点に初めは
全く分かりませんでした。

 

いろいろと試すうちに、
とにかく軸足が
ピッチャー方向に流されたくない
求めていくと
ステップ足が着地した時点で
軸足のタメをキープするには
トップ時だと気づきました。

 

それからは、
いろいろなタイミングの取り方を
取り組んでみましたが、
ピッチャーがボールをリリースする際に
トップを作ると
軸足がピッチャー方向に流れないことに
気づきました。

 

左打者はステップ足の着地が
遅くなればなるほど
軸足はピッチャー方向に
必ず流れてしまいます。

 

そこから、
軸足がピッチャー方向に流れないようになり
押し手も逆方向に押し込めるようになり
僕は逆方向にも長打を
打てるようになりました。

 

今回は、左バッターが
逆方向に長打を打つために必要なことについて
お伝えしていきました。

最後に実際に取り組んでいたメニューを
ご紹介させていただきます。

ぜひこちらにも取り組んで
逆方向に長打が打てるよう取り組んでみてください!!

 

軸足の股関節に体重を乗せてトップを作る練習方法



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

ビービーワン通信申込みフォーム
お名前(姓)  *  例)鈴木、田中
お住いの地域  *
メールアドレス  *