こんにちは。
BASEBALL ONE 森章剛です。

中学3年生から高校に入学するまでの
今の時期というのは非常に重要な時期となります。

この期間にどう過ごしていくかで
高校に入学してから
高校野球に慣れていき
活躍できるようになるまでの期間を
短くしていくことができます。

 

その中でバッティングについて
必要なことについて
お伝えさせていただきます。

まず1回目となる今回は
「軸足」の動きについてお伝えしていきます。

 

なぜ軸足の動きが重要なのか?

中学生の中では
ピッチャーのストレートの球速が、
そこそこスピードがあるピッチャーでも
120キロ前後ではないでしょうか?

 

しかし、
現在の高校野球では
140キロを超えてくるピッチャーは
多くいます。

 

120キロ前後の球速だと
140キロのボールに比べてボール自体に力がないので、
下半身に力が入って来ない状態でスイングしても
手の力だけで
フェアゾーンに飛ばすことができます。

 

しかし!

140キロを超えてくると
ボールに力があるため

下半身(軸足からの動き)を
上手く連動させて
インパクトをしていかないと
押し負けてしまい
打球が
ファールボールになる確率がかなり上がり、

すぐにツーストライクに追い込まれて
自分が不利なカウントでのバッティングに
なってしまいます。

 

そのため、
しっかりと下半身を使えないと
強いスイングが出来ないので
ピッチャーのボールに力負けしてしまいます。

 

また、高校野球のピッチャーは
ボールに力(スピン量)があるので、
変化球の曲がる大きさもボールの早さも球種も
中学でのピッチャーとは全くレベルが違います。

 

ですから、
軸足がしっかり使えないと
下半身の力を上半身に伝えることが
出来ません。

 

さらに、軸足が正しく使えないと
体がピッチャー方向に
突っ込んでしまったりします。

体がピッチャー方向に
突っ込んでしまうことで、

早く体が開いてしまったり、
下半身の力が使えなくて
手打ちになったりしてしまうのです!

 

高校生になり
ピッチャーの球速が上がることで

どうしてもタイミングも
早く取ろうとしてしまい、
軸足にしっかりと体重が乗れなくなることで、
体がピッチャー方向に流れてしまい
スイング軌道が体から離れてしまいます。
(アウトサイドインの軌道)

その結果、
体が背中側に早く開いてしまい

打球がアウトコースは
切ったような弱い打球になったり、

インコースは詰まってしまったり、
変化球は待てずに泳がされて
手打ちになったりしてしまいます。

 

また、
高校野球では、
野手の守備(肩、足、ハンドリングなど)
のレベルも上がりますので、

打球が野手の正面でも
強襲ヒットになるぐらいの強い打球を打てないと
ヒットになりません。

 

では、なぜ
高校進学に向けて
正しい軸足の動きを覚える必要が
あるのでしょうか?

 

それは、
軸足という漢字のごとく
バッティングの
軸にならなくてはいけない
重要な足だからです。

 

強いスイングをするためのポイント

1.しっかりと軸足に体重を乗せること

2.体重が軸足に乗った状態で
ステップ足(前足)をステップさせること

3.ステップしても
軸足に体重が乗った状態でボールを待つこと

この3点を作ることが、
強いスイングをする重要なポイントになります!

 

この軸足ですが、
どの状態の時を判断したら
正しい軸足の動きになるのか
お分かりでしょうか?

 

一番大切なのは、
ステップ足(前足)が着地をした時の
軸足の動きになります。

 

この時に

・右バッターであれば右足の上に右膝

・左バッターであれば左足の上に左膝

がしっかりと来ているかを確認しましょう。

 

ステップ足が着地した際に
この形を作る事で
しっかりと軸足に体重が乗っている状態
が作れるのです。

 

この形を作れることで
軸足の上でしっかりと
ボールを待つことが出来るので

グリップがキャッチャー方向から
ステップ足のつま先までの距離が取れます。

 

そうなることで
しっかりとキャッチャー方向から

ステップ足へ体重移動ができ

体重移動と同時に合わせて
スイングすることにより

ヘッドスピードが上がっていくことで
インパクトで力が最大にボールに伝わるのです。

 

 

そうなることで
高校野球のスピードボールにも
振り負けなくなっていきます。

 

また、
ピッチャーの球速が上がるので
ボールを見極める時間が
中学野球のピッチャーに比べて
かなり短くなるので、

しっかりと軸足の使い方を覚えることで、
ボールとの距離が取れるようになり
ボールを見極める時間を確保でき

選球眼も良くなっていきます!

 

今までは
軸足が使えず
上体がピッチャー方向に突っ込んでしまって
ボールとの距離が取れなかったとしても、

ボールの見極める時間を作り、
対応することが出来ました。

 

しかし、
高校野球になると
ピッチャーの球速が上がるため、
しっかりと軸足の動きができることで
ピッチャーのリリースを待ち

ボールとの距離を取ることで、
上体がピッチャー方向に
突っ込まなくなるため

ボールの見極める時間を作れるので
選球眼が良くなります。

 

選球眼が良くなれば
ボール球に手を出さなくなり
フォアボールが取れるようになり
必ず打率は良くなりますし、

ボールとの間が取れることで
変化球に対しても
見分けられ対応できるようにもなってきます。

 

ですので、
中学野球から高校野球に向けて
正しい軸足の作り方、使い方を
覚えることが

高校野球へ進学するまでに
覚えておきたい動作の1つになります!

 

これから高校野球に向けて
取り組んでいっていただきたい
覚えていっていただきたいポイントについて
順次お伝えしていきます。

ぜひ次回もお楽しみにお待ちください!!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

ビービーワン通信申込みフォーム
お名前(姓)  *  例)鈴木、田中
お住いの地域  *
メールアドレス  *