こんにちは。
BASEBALL ONE 森章剛です。

 

中学3年生の選手が高校に入学するまでに
覚えておきたい
バッティングのポイントについて
お送りしております。

前回は「目線の使い方」についてお伝えしていきました。

前回の動画はこちら》》》

 

中学3年生から高校に進学にあたり
覚えておきたいこととして

「テイクバック」について
お伝えしていきます。

 

テイクバックとは何か!?

まず初めに

テイクバックとは何か!?

ということについて、
詳しくお伝えをしていきます。

 

今まで野球をおこなってきた中で、
このテイクバックという言葉を

耳にしたことはあるかと思います。

 

テイクバックとは
インパクト位置で最大に力を出す準備
と言われています。

 

タイミングを取り、
軸足(右バッターは右足、左バッターは左足)に

体重を乗せて
ステップ足(ピッチャー方向の足)を
ピッチャー方向に

ステップしていくと同時に
グリップをキャッチャー方向に引く動作
なります。

 

「割れ」

ともいわれる動作になります。

 

このテイクバックを
しっかり引いていくことで
インパクト位置で最大の力を

出す準備動作ができていきます。

 

しかし、
もう一つとても重要な動作になることを
ご存じでしょうか!?

 

それは、
軸足(右バッターは右足、左バッターは左足)が
ピッチャー方向に

流れてしまわないようにする
バッティングで重要な動作です!

 

ステップ足が着地した際に
すでにピッチャーとの勝負の8割が
決まってしまうとも

言われている
とても重要な形になります。

・変化球が打てない

・ヘッドスピードが上がらない

・他の選手より打球が飛ばない

・速いボールが打てない

など
このような選手の多くは、
軸足がピッチャー方向に
流れてしまっています。

 

軸足が流れてしまう選手のほとんどが
テイクバックを上手く引けない選手なのです。

 

このテイクバックの引き方になりますが
大きく分けて2パターンになります。

 

まず一つ目になりますが
すり足で打っていくバッターですが
タイミングを取り
ステップ足(前足)を軸足側に引き、
次にそのステップ足を

ピッチャー方向へステップして行く際に
グリップをキャッチャー方向に

しっかりと引いてきます。

 

この時に気をつけてもらいたいポイントが
ステップ足を引いた際に
同時にグリップを引かない事です。

 

同時にグリップを引いてしまうと
ステップ足をステップに行く際に
上半身がピッチャー方向に
ついていってしまいます。

 

そうなると、
上半身と下半身の割れが
作れなくなってしまいます。

 

次に二つ目になりますが
ステップ足を上げて打っていくバッターですが
タイミングを取りステップ足を上げてた際に
同時にグリップを
キャッチャー方向に引いてきます。

 

次に
そのステップ足だけを
ピッチャー方向に着地させていきます。

 

この時に気をつけてもらいたいポイントが
ステップ足を着地させて行く際に

グリップが下半身についていかないように
グリップはキャッチャー方向で
我慢をしていきましょう。

 

テイクバック引く際に
重要なポイントとしましては

ステップ足がピッチャー方向に
ステップして行く際のグリップの動きが
とても重要な
動きとなってくることを
頭に入れておきましょう!

 

また、
グリップを引く際に
前の手だけで引こうとしてしまうと

前の肘が閉まり過ぎて体に近くなり
今度はバットが出にくくなり、

ヘッドが下がってしまったりする原因
になります。

 

なので、グリップを引く際には
手だけで引くのではなく体幹を使い
おへそがキャッチャー方向に
向いて来るように
引いていくと
前の肘と体のゆとりが作れますので、

トップからスイングに入る際に
スムーズにインパクトに入っていけます。

 

ですから、
テイクバックをしっかりと覚えることで、
ヘッドスピードが上がり

強いスイングが出来るようになるのです!


この写真のように
テイクバックが引けない選手ですが、
軟式野球の選手に多く見うけられます。

 

何故!?

 

それはボールの違いにあるのです!

 

軟式ボールだと
ボール自体がゴムで出来ているので、
バットのある程度どの部分に
あたっても
反発してくれますし、

軟式のボール自体が
ゆっくり長くスイングした方が

ボールが潰れることなく
打球が飛んでくれるので、

軟式でプレーしていた選手は
自然とそのスイングを
体が覚えてしまうのです。

 

しっかりとテイクバックを引かなくても
バットに当たってさえくれれば、
ある程度の打球が飛んでくれるのです。

 

中学の軟式野球から高校進学にあたり
硬式ボールに変わりますが

硬式ボールは、
表面が皮などで出来ているので、

インパクトでバットが強く入ってこれないと
ボールに回転が掛からないので
強い打球が飛んでくれません!

 

また、
軟式ボールと硬式ボールでは、
硬式のボールが重たくなっているので

インパクトを強くスイングする準備が
より重要になるということです。

 

ですから、
中学生から高校進学までに
テイクバックの意味を理解して

しっかりとテイクバックを引く事を覚え
強いスイングが出来ることで
高校へ進学して

ボールが硬式ボールに変わっても
すぐにボールへの対応がしやすくなります!

 

 

また

・ヘッドスピードが上がらない

・他の選手より打球が飛ばない

など
このような、
お悩みを持った選手ですが

高校進学にあたり、
ピッチャー全体のスピードが上がりますので

テイクバックをしっかり引いて、

体幹にひねりを作る事を覚えて
ヘッドスピードを上げることで、
レベルが上がる高校生のピッチャーにも

振りまけない!力負けしない!
スイングが出来るようになっていきますので


ぜひ今回お伝えさせていただいたことを
まず参考に
取り組んでいくようにしていってください!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

ビービーワン通信申込みフォーム
お名前(姓)  *  例)鈴木、田中
お住いの地域  *
メールアドレス  *