バッティングの中で

引っ掛けてしまう…
ゴロが多い…
センター返しができない…

逆方向に強い打球が打てない…

そういった悩みを抱えている選手に、
確認していただきたいポイントを
ご紹介していきます。

 

そもそもなぜ?
引っ掛けてしまうのでしょうか?

 

大きな原因が、
肘の出し方と手首の使い方
にあります。

 

まず腕の使い方ですが、

スイングをする際に、
押し手の肘を曲がった状態から
伸ばしていく動作が必要になってきます。

 

肘が曲がった状態から
スイングをしてくることで、
押し手の肘が体の前を通っていき
ピッチャー方向へバットを
出していくことができるので、
スイングの軌道が大きくなります。

 

この動作が出来ることによって、
体の開きも抑えられ
強いスイングになってきますので
同じゴロでも強い打球のゴロになり
こすったフライでも
外野まで飛んでいくようになってきます。

この押し手の肘が
体の前を通らなければ
引っ掛けてしまったり、
擦ったようなフライとなってしまい、
凡打が多くなってしまいます。

 

肘が体の前と通らない形というのは、
上体が前を向いてしまうことです。

 

上体が前を向いてしまうことで、
下半身を使うことが出来ず、
前腰が開いた状態になってしまい
手打ちになってしまうのです。

 

手打ちになってしまうと、
強いスイングができなので
逆方向へ打つことが
難しくなります。

 

肘を体の前を通していく使い方を
覚えていきましょう。

 

もう1つ、
引っ掛けてしまう原因として
こねてしまうということがあります。

 

スイングをする際、
手首が返ってこないと
正しいスイングができません。

 

しかし、その返すタイミングが早いと
『こねた』バッティングに
なってしまうのです。

この手首をこねてしまうと
ボールを芯で捉えづらくなり、
バットが波を打つような
スイングになってしまいます。

 

こねてしまえば
引っ掛けやすくなりますし、
アウトコースのボールに対しても
強く打ち返すことも難しくなってきます。

 

この手首を早く返さないようにするためには
押し手の手の平を逆方向へ
出していくようにしていくと
引き手が支点となり、
手首を早く返すことが抑えられてきます。

また実際にボールを打つ時には
ボールの内側を打っていくようにしていくと
体の近くからバットが通っていくので
手首を返すタイミングを合わせることができます。

 

ボールの内側を打っていく際に
注意してもらいたいポイントは、
バットのヘッドが下がらないように
注意していきましょう。

 

最後に!
『こねた』スイングにならないための

練習方法を紹介します。

▼練習動画▼

手順1

押し手の親指を立てて握ります。

 

手順2

インパクトに合わせて止めます。

 

手順3

ボールを押し出すように
ヘッドをピッチャー方向に出していきます。



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録