burog

今回は
腰の回転とバットスイングの
タイミングを合わせるための練習方法
ご紹介していきます。

 

なぜ?
腰の回転とスイングのタイミングを
合わせないといけないのか?

それは
スイングする幅を
広げていくためです。

 

スイング幅が広くなることで、
ボールがバットに当たる確率が
高くなります。

 

そうなると
空振りが減っていきます。

 

空振りをする確率が減ることにより
2ストライクと追い込まれた状況でも、
ファールにすることができ、
三振を減らせるのです!

 

ですので、腰の回転と
スイングのタイミングを合わせて、
スイングの幅を広げていきたいのです!

 

しかし!
多くの選手が
バットの振りと
腰の回転のタイミングに関して
勘違いをしているのです。

多くの選手は
下半身(腰)が回転した後に
バットが出てくるイメージ
スイングをしています。

 

あなたはどうですか?

 

そのような形で
スイングをしてしまうと
軸足にタメた力が抜けてしまい、
インパクトに力が伝わりません。

 

そのためスイングが
波を打つように見えたり、
ドアスイングやアッパースイング
なってしまいます。

 

それだけでなく
体の開きの原因ともなりますので
ボールをとらえることも
難しくなります。

 

タイミングが狂ってしまうと
それだけスイングに
悪影響を及ぼしてしまうのです。

しかし、このズレは
ただ単にバットを振っていても
自分では気づきにくい部分でもあります。

 

このタイミングのズレを
よりわかりやすくするために
今からお伝えする練習方法を
実践してみてください!

 

▼練習動画▼

まず
ご用意していただたい道具が

長い棒です。

 

長ければどんなものでも
構いませんが、
あまりにも重いと
崩れてしまうので
注意してください。

 

身近なものですと
グラウンド整備で使うトンボでも
構いません。

 

もしトンボがなければ
長い棒をご用意ください。

 

この棒で素振りを
行っていくわけですが

このトンボは普通のバットと比べて
長く・少し重くなっているので、
下半身の踏ん張りと
体幹をしっかり使わなければ
スイングをすることができません。

 

ですので、
この長いトンボを振っていくことで
下半身から体幹まで力を入れて
スイングする感覚をつかめるのと同時に、
腰の回転とスイングのタイミングを
覚えていくことに繋がってきます。

 

長い棒で素振りをすることで
バットがどれだけ遅れて出てくるのか、
自分のスイングの軌道・スイングの癖が

わかりやすくなります。

素振りを行っていく中で、
バットが下がっていたり、
振り終わった後、
背中側にバランスが崩れた形になると
それは腰の回転と
スイングのタイミングが
合ってないことだと言えます。

 

腰の回転とスイングのタイミングを
身につけていくには、
押し手の肘・腰・膝が同時に
回転しなければなりません。

まずは上記の写真のように、
押し手側の肘・腰・膝が
同時に回転動作に入っています。

 

この時に、トンボの重みで
バットが下がらないように
注意してください。

 

続いてインパクトの形です。

インパクトの際、
おへそとトンボが
一直線になるようにしましょう。

 

このインパクトでの注意点は、
手首が折れた形にならないよう
注意してください。

 

押し手側の肘・腰・膝を
同時に回転してくること、
インパクトの時はおへそと
トンボが一直線になっていることを
ポイントに置きながら
取り組んでみてください。

 

あくまでも、
腰の回転とスイングのタイミングを
合わせていく動作になってくるので、
ゆっくりした動作の中で
練習を行っていきましょう。

 

バットが腰の回転に対して
遅れて出てこないように注意して
取り組んでいってください!

 

・体の開きが早い!
・手だけで打つな!
などと監督やコーチに
ご指導を受けたことのある
あなたは!!

是非この練習に取り組んでください!

 

▼練習動画▼



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録