先日、中学生のメンバーから
レッスン中にこんな質問を
もらいました。

 

バッティングで
「クイック時に振り遅れることが多く
 どのようにしたらいいですか?」
という内容でした。

 

さて!!

あなたが
このような質問を受けた時に!
どのようにアドバイスを行いますか?

 

そしてどのようにして
クイック対策をしていきますか?

 

タイミングを合わせることは
確率を上げていくために
必要不可欠となっていきます。

 

このタイミングの本質を
知っていればクイックでも
振り遅れることは減ってくるものです。

 

その前に、、、

あなたは
ピッチャーのどこを見て
タイミングを取っていますか?

 

こうした質問をした時に
よく耳にすることは

「ピッチャーが足を上げたあたりで
 自分も足を上げ打ちに行く!」

こう答える選手が
多いものです。

 

しかしこれでは
クイックになると急いで
タイミングを取りに行かなければ
間に合いません。

 

あなたはどうでしょうか?

 

タイミングが
遅れないようにしていくためには
ピッチャーのフォームに合わせて
タイミングをとるのではなく

「リリース」時に打てる状態を
準備しておかなければいけません。

リリース時から逆算し
自分がどのように足を上げるのか?
ということを自分で理解した上で
始動を早くすることが
とても大切となります。

 

この始動を早くする動作は
軸足に体重を乗せ、ステップする
前の動作のことを言います。

 

ピッチャーがクイックで
投球をするのであれば
クイックモーションに入る前に
軸足に乗った状態で準備して
いかなければいけません。

ピッチャーが投球を開始してから
軸足に体重を乗せていると
タイミングは遅れてしまいます。

 

ピッチャーのクイックで
早いと言われるタイムは1.2秒です。

 

リリースまでの時間で言えば
球速にもよりますが
どんなクイックが早いピッチャーでも
0.6〜0.7秒で程度です。

 

つまり!
足を下ろしていく時間で
0.6〜0.7秒程度とることができれば
十分に振り遅れることなく
スイングをすることができるものです。

 

あなたに今!このブログを見ながら
試していただきたいのですが
軸足に乗せ足を上げた状態から
下ろしていくまでを
1秒かけてステップしてみてください。

 

この1秒は意外に?!
長かったのではないでしょうか?

 

いや!いつも通り!
という方はこのお話は大丈夫でしょう。

 

そうではない方は
軸足の乗せ方から見直し
長く見る時間が作れるように
練習する必要があります。

 

タイミングが遅れないようにするためには
この時間のことを知り
あとはリリース時までの待ち方
自分のフォームの準備にかかる時間を
逆算してタイミング動作をとることで
遅れることは減っていくものです。

 

最後に
リリース時に合わせて
トップを作る練習をご紹介します!

 

今日から
素振りに取り入れてください!

 

▼練習動画はこちら▼

STEP1

踏み込み足を上げ、膝とグリップをタッチする。

STEP2

踏み込み足を前に出していく。
グリップと前足を対角に離すようにトップを作っていく。

STEP3

頭が突っ込まないようにスイングをしていく。

 

トップを作るまでに
どのくらいの時間が必要なのかという点も
忘れずにチェックしていきましょう!

 

打率アップさせるためには
やはり!タイミングを合わせることが必要です!

 

さらに
バッティングフォームを確立させることで
打率はアップできます!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録