名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

MENU

西村 聡一朗

BASEBALL ONE
ベースボールアナライザー

西村 聡一朗(ニシムラ ソウイチロウ)

 

野球経歴

小学校
さくら少年野球団
刈谷市軟式野球連盟30周年で初の全国大会出場

 

刈谷東中学校
4番・捕手としてZETT旗争奪愛知県大会優勝

 

東邦高校
第76回選抜高校野球大会
第77回選抜高校野球大会
4番レフトとして出場
11打数4安打
三塁打1本

 

三菱自動車岡崎 硬式野球部
外野手としてプレー

 

インタビュー

 

ー高校時代には、2度甲子園に出場していますが、甲子園の球場はどうでしたか?

歓声でバットに当たった音が聞こえず、フライを捕る時に苦労しました。
ただバックスクリーンが大きく、打席から投手がはっきり見えるため、癖は見抜きやすいと感じました。
また、試合は単純に楽しかったです。
特に一回戦の育英戦は延長10回1-0のサヨナラ勝ちと最高の緊張感の中で試合ができてすごくいい経験になりました。

 

 

ー高校時代での忘れられない出来事は何かありますか?

東海大甲府との練習試合です。
現・スワローズ村中投手がいて練習試合で
ストレートに一度も当てることができませんでした。
このストレートは衝撃的で、こういう選手がプロに行くのかと思いました。

 

ー捕手・外野手として活躍されていましたが、各ポジションの魅力とはなんでしょうか?

捕手は試合をコントロールすることができるポジションです。
打者との駆け引き、打者の癖を見抜いていくことの楽しさはありました。
外野手は広い視野で野球を見ることができます。
そのため全体的なポジショニングや打者の打ち方によって打球方向が限られてくることを学びました。

 

ー捕手のときに打者のどこを見て配球を決めていましたか?

試合前の素振りでどのコースを振っているのか。
開きはあるか?突っ込みはするのか?
打席でのタイミング、反応、目線などを見ていました。

 

ー試合前から相手の選手を見て研究していたんですね!
社会人野球で学んだことで特に残っていることはありますか?

準備の大切さです。
練習前の準備、試合前の準備にどのように取り組んでいくのかで大きく結果が変わるということを学びました。

 

 

ー高校・社会人と名門チームでプレーしてきて一番すごかった選手を教えてください!

選手ではないですが東邦高校の森田監督です。
森田監督以上の打球は見たことがありません。
ノックとはいえ頭の高さのライナーで100mは恐怖を感じました。

 

ーそうなんですね!
各進路先を選んだ理由は何があったのでしょうか?

プロに行くためには甲子園、甲子園に行くためにはこの高校へというように選択していきました。

 

ー西村さんの好きな言葉を教えて下さい。

『下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目』
漫画・スラムダンクの安西先生がシュート2万本合宿の際カメラを用いて特訓に励む花道へ送った言葉。動作解析の先駆けですね笑
戒めのためによく思い出して練習していました。

 

ーありがとうございます!
今、指導者として活動していますが、指導者になろうと思ったきっかけは何かありますか?

今の子どもたちが自分が子どもの頃から言われていることと変わらない指導を受けているのを見て指導者になろうと思いました。
そして、野球の楽しさを子ども達に知ってほしい、培ってきた経験や知識を伝えることによって少しでも成長の手助けになればと思いBASEBALL ONEに入りました。

 

 

ー最後に現在の小・中学生、BASEBALL ONEに通われているメンバーにメッセージをお願いします!

今を大切に。今やらなければ必ず後悔につながります。
今の自分に必要なことは何か?
今の自分はこの瞬間に成長できているのか?を常に考えていきましょう。
成長していくためには自分自身の取り組みが何よりも大切です!

 

ーありがとうございました。

 

 

>>
スタッフ一覧ページに戻る

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.