愛知で野球教室・個人指導をお探しなら!ドラゴンズベースボールアカデミーとパートナーシップ契約を締結している動作解析のBASEBALL ONEへ!お子様から大人の方までご利用いただけます!

MENU

手首に痛みがある場合に行いたいテーピング方法

  • HOME »
  • 手首に痛みがある場合に行いたいテーピング方法

 

あなたは手首の痛み
悩んでいないでしょうか?

 

手首の動きというのは
バットのヘッドを返すとき
ボールを投げるとき
ポイントとなる部位です。

 

その際に痛みがあったり
上手く動かせなければ
思うようなパフォーマンスを
発揮することができません。

 

ケガから早期復帰するためにも
今回は手首のテーピングについて
ご紹介いたします。

 

このテーピングをオススメする選手は
・ボールを投げる時に手首に痛みがある選手
・スイング時に手首に痛みがある選手
・手首のケガから復帰を目指している選手
です。

 

このような選手が
手首の痛みを放置していると
腱鞘炎と呼ばれる
指を曲げる筋肉が通っている部分の炎症
そして手首の小指側の軟骨の炎症
につながってしまいます。

症状がひどくなると、
手首を動かしにくいなどの症状や
手首へのストレスが持続し
痛みが継続してしまいます。

 

また、手術が必要となった場合は
復帰までの期間が長くなってしまいます。

 

このテーピングを行うことで、
手首の動きを制限することとなるので
手首の痛みを軽減することができます。

 

今回はご自身の手首1周分の
テーピングを2本ご用意してください。

 

そのうちの1本は
真ん中で切ったものを
ご用意してください。

まず1本目は、
先ほど真ん中で切ったものを
自分の手首の甲側の
少し出っ張っている部分の
少し上からスタートしてください。

そこからまず上の部分を
少し斜め下に向かって貼っていき
またスタートした場所に
戻ってくるように貼ってください。

そして下の部分も同じように
少し斜め上に向かって貼っていき
スタートした場所に戻っていきます。

そして手の平側の手首で
クロスするような形で
貼ってください。

2本目のテーピングは
1本目のテーピングを
補強するような形で貼っていくので、
先ほどと同じ場所から
スタートしてください。

そして先ほどのテープを
覆うようにして
貼ってください。

このように貼ることで、
手首の動きの制限になり、
痛みの軽減に繋がります。

 

実際に手首のテーピングの巻き方について
動画で説明していますので
こちらをご覧ください。

ヘッドを返す動きや
リリースの動きで
手首の動きはポイントとなります。

 

ビーワン鍼灸治療院では
メールにて野球選手の
悩みや質問に対して
お答えしております。

 

あなたが抱える
体に関しての
疑問がありましたら
こちらからお気軽に
お問い合わせください!

 

今後も野球選手のサポートを
行なっていきます。

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

店舗所在地情報 名古屋フィールド 豊川フィールド碧南フィールド一宮ベースボールジム岡崎フィールド小牧バッティングスクール半田バッティングスクールビーワン鍼灸治療院碧南バッティングセンター

動作解析投球解析打撃解析オンライン解析チーム出張解析県外プラン個人指導ピッチングプランバッティングプラン内野手プランキャッチャープラン

グループトレーニングバッティングスクールピッチングトレーニング体幹・股関節トレーニング走力アップトレーニングビーワン!KIDS

施設利用野球専用ジムトレーニングルーム室内練習場貸出spオンラインセミナー教材オンライン解析カード

  • facebook
  • twitter
ビービーワン!通信 facebook Youtube Instagram LINE   LINE
ドラゴンズアカデミー   ドラゴンズカップ   求人情報
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.