愛知で野球教室・個人指導をお探しなら!ドラゴンズベースボールアカデミーとパートナーシップ契約を締結している動作解析のBASEBALL ONEへ!お子様から大人の方までご利用いただけます!

MENU

投球上達革命-右投げと左投げの指導方法の違い-

  • HOME »
  • 投球上達革命-右投げと左投げの指導方法の違い-

 ¥3,990(税別)

収録時間
57分35秒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左右対象にバランス良く
鍛えることは不可能?!

あなたは
左右での動きの違いを
感じたことはありますか?

意識していなければ
あまり感じることはないかもしれませんが
野球はとても偏りの多い
スポーツなのでどうしても
左右差が出てしまうものです。

 

例えば
右投げ右打ちの選手や
左投げ左打ちの選手のように

投打が同じ選手というのは
投げる時と打つ時の軸足が
同じになります。

右投げ右打ち→ 右足
左投げ左打ち→ 左足

この軸足というのは
安定性が必要となります。

逆にステップ足となる足は
動きが必要となるため
可動性が必要となります。

この違いを理解することで
自分のパフォーマンスも
大きく変わっていくものです。

 

この違いを
投球動作で例えてみましょう。

軸足でタメを作り
ステップした前足で止めて
回転動作で投げることを言われるものですが

この動作に使う
足の筋肉は右足、左足で
全くと言っていいほど違います。

一度、投球動作を行い
足のどこの筋肉を使っているか?

感じながらシャドーを1回やってみると
違いがよくわかるかと思います。

そして回転動作を行うときに
体幹を一方向に傾けて行うので
片方の腹筋が発達していったりもします。

 

この左右の違いを

さらに細かく言えば、、、

右投げ、左投げでも
動きが異なってくるのです。

 

この右投げと左投げでの
投げ方の違いを知らなければ

ピッチャーへ指導していても
全く伝わらないということが
平気であるものです。

右投げと左投げの違う理由は?

右投げ、左投げの違いというのは
先ほどお伝えした
筋肉の左右差ではなく

体の中のある臓器
大きく関係してくるのです。

 

あなたは

人間の体の中で一番重い
臓器は何かご存知ですか?

こちらは人間の内臓の画像です。

上記の画像の中央茶色いのが
一番重い臓器でもある肝臓です。

 

この肝臓は体の中心にない為
当然体のバランスは不安定になります。

 

生まれた時から
肝臓の位置が同じなので

「不安定だ」と言われても
ピンと来ないかもしれませんが、、、

 

体の左右のバランスが
異なるということは
回転動作を必ず行う投球動作では

効率が良いフォームを
作るためには

『投げ方』『使い方』が
変わってくることは当然なのです。

 

これを知らずに
右投げ、左投げのピッチャーに対して
同じように指導をしていては

なぜか?

右ピッチャーが育たない。

まは

左ピッチャーが育たない。

ということが平気であるものです。

 

今でこそ
菊池雄星投手の活躍もあり

右投げ、左投げの違いも
クローズアップされましたが

右投げ、左投げの違いを
知らない指導者や選手も
まだまだ多く

右投げと左投げが同じように
指導されているのが現状です。

 

確かに
共通する動きはたくさんありますが

根本的な重心の取り方や
軸の作り方が異なってくるので

感覚の言葉の指導や経験のみに
頼った指導などでは

上手く伝わらない、、、

選手が伸びない、、、

こうしたことは
決して珍しくないのです。

 

右投げと左投げの特徴

では右投げと左投げには

それぞれどのような特徴が

あるのでしょうか?

 

例えば、、、

右ピッチャーが
左投げの使い方をしてしまえば
引っ掛けるボールが増えたりするものです。

それに対して

左ピッチャーが
右投げの使い方を
してしまえば
抜けるボールが増えたりするものです。

 

さらには
感覚そのものにも
右投げの感覚、左投げの感覚にも
違いがあります。

 

例えば

右投げの選手のタメを作るときの
イメージ(感覚)は

軸足の力を利用して
体重移動を加速させることを
目的としたタメを作る
イメージを持っている選手が
多かったりします。

ですので
前足に力を入れるときは
下方向へ踏ん張る意識を
持つことが多かったりするものです。

それに対して

左投げの選手のタメを作るときの
イメージ(感覚)は

軸足の力を利用して
一気に回転させることを
目的としてギリギリまで
軸足に乗った状態をキープしながら
投げるイメージを持っている選手が
多かったりします。

ですので
前足に力を入れるときには

『内側』を意識することが
多かったりするものです。

こうした特徴や
感覚の持ち方なども理解せずに

自分の感覚で指導をしてしまうと

当然ですが

選手は指導を受ければ
一生懸命、改善しようとします。

 

しかしその指導が

右投げのピッチャーに
言えることを

左投げのピッチャーに
指導してしまうと

 

「練習をやっているのに
なかなか上達しない…」

「指導されていることが
上手くできない…」

 

などと

どんどん選手を迷わせてしまいます。

 

選手を迷わさないためにも

指導者のあなたが正しい知識を

持っていなければなりません!

 

このセミナーで指導スキルが上がる!

ここまでご覧いただき

正しい知識を持たずに
感覚だけの指導になってしまうと
選手がどういった状況になるのか
ご想像がついたかと思います。

 

本セミナーでは
右投げと左投げの違いについて
細かく解説させて頂き
指導する際に必要なことを

あなたにお伝えさせて頂きます。

本セミナーの内容は

実際にBASEBALL ONEで

サポートしているノウハウです。

 

そのノウハウを

是非あなたにご覧いただき

指導現場で活用してみてください!

 

 

セミナー一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼セミナー内容を少しご紹介▼

セミナー情報

タイトル

投球上達革命
-右投手と左投手の指導方法の違い-

 

 

– 価格 –

¥3,990(税別)

 

– 講師 –
阿部将大

IMG_6829.JPG

 

– 収録時間 –

57分35秒

 

– 対象 –

小学生の野球選手

中学生の野球選手

高校生の野球選手

選手の保護者様

チーム指導者様

 

– 支払い方法 –

クレジット決済
bnr_paypal

 

– セミナー視聴までの流れ –

1、下記バナーから申込む

2、お申込完了後、すぐに

決済ページの案内が届きます。

決済完了後はメールアドレスへ

専用ページのURLと

アクセスパスワードを

お送りいたしますので

メールアドレスの入力は

正しく行ってください。

3、スマホ、タブレット

PCさえあれば

通勤、通学中、寝る前など

いつでもどこでも!

何度でも!!

あなたのペースで

知識を深めていくことができます!

4、セミナー内容を

ご自宅などの自主練習で

課題克服のために取り組みます!

もちろん!

 

何度でもご視聴いただけますので

取り組んでいる内容の復習としても

ご活用いただけます!

 

¥3,990(税別)

収録時間
57分35秒

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.