名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 朝熊 様

  • HOME »
  • オンライン解析 朝熊 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のフォームで幾つか改善点をお伝えしていきたいと思います。
まず1枚目の画像はステップ足を最も高く上げた時のものです。
この時に赤い円で囲っている部分がキャッチャー方向に開いてしまっているのがお分かりでしょうか?
また、膝の位置とは反対に黄色の線で記した頭の位置はピッチャー方向に傾いてしまっています。
こうなってしまうと強い打球というのは打つことができなくなりますので、
この膝の向きがキャッチャー側に開かないようにしていけるようにしましょう。
膝が安定していくことでバランスも良くなりますので、
打ちに行くタイミングなども取りやすくなり差し込まれることもなくなっていきます。
まずは膝がぐらつかないように足を着地していけるように取り組んでいってください。
膝の向きを改善していく際には頭の位置というのも注意しながら行っていきましょう。

 

 

2枚目の写真は、ステップ足を着地した時のものになります。
ここで注目していただきたいポイントは、軸足の動きです。
1枚目でお伝えした頭の位置というのも影響してしまっています。
ステップ足を引いたときの軸足の位置が写真上の赤線
ですが、ステップをした際には黄線まで前に出てしまっています。
こうなってしまうと、体の開きも早くなってしまうため、目線のブレ、
上体の先行が起きやすくなってしまい、変化球への対応が難しくなってきます。
また、前に出てしまうことで軸足の力をうまく使うことが
できなくなるため、スイングの力強さも弱くなってしまいます。
スイングの力強さ、変化球への対応をアップさせるためにも
ステップしていく際に軸足が前に流れることを最小限にできるようにしていきましょう。

 

 

3枚目の写真で確認していただきたいのが前の肘の使い方です。
スイングしていく時に前の肘が曲がった状態で打ちに行ってしまっているのがお分かりでしょうか?
こうなってしまうとスイング自体が窮屈になってしまうので
しっかりボールを捉えることが難しくなってきてしまいます。
前の肘が曲がった状態で出てしまうため、後ろの肘も前に入ってくることができず、
腰の開きでバットを出そうとしてしまいます。
フォロースルーがスムーズに取れなくなってしまうため窮屈になってしまうのですが、
この前の肘の使い方を改善していくことでバットもスムーズにインパクトまで迎えることができるので
前の肘の使い方をボールの軌道の方に真っ直ぐスイングしていけるように
練習から意識していってください。
真っ直ぐインパクトまで肘をぶつけていけばインパクトからのフォロースルーを
手首ではなく前肘をしっかり返すことで、スイングの軌道も真っ直ぐになり
ボールに対しても強く打っていけますので肘を背中側に引いてしまったりしないように
打つ方向に腕を伸ばしていくことをイメージして取り組んでいってください。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
腰の開きを改善し肘を出してくるための練習方法
∟30スイング

トレーニング動画②
軸足の膝が開かないようにするための練習方法
∟20スイング

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.