名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 柴野 様

  • HOME »
  • オンライン解析 柴野 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

1枚目の写真は、少し見にくいかもしれませんがボールの握り方になります。
親指がボールの外に出ているのがご覧頂けますでしょうか?
このような握りのまま投げてしまうと人差し指と、中指に上手く力を伝えることが出来ないため
ボールが抜けてしまったり回転のない球になってしまいます。
理想のボールの握り方は人差し指と中指の真下に親指がくるようにして下さい。
このような握り方にすることで握力が増し、
親指でボールを支えることができるのでリリースに力を伝えることができます。
指にかかった、スピンの効いたボールを投げるために改善していきましょう。
最初のうちはボールが安定しないかもしれませんが慣れてこれば指のかかりの違いに気付くと思います。
根気よく続けることも大切なので習得していきましょう。

 

 

2枚目の写真はボールを上げてきた時の写真になります。
この時にすでに肘が下がっているのがご覧頂けるでしょうか。
肘の位置は肩のラインと一直線になるのが理想です。
このように肘が肩のラインよりも下がってしまうと回転動作に入った時に
肘が上がってこないため開いてしまったり、肩や肘の故障の
リスクも上がってしまいますので改善していきましょう。
肘が下がってしまう原因ですが、上半身の割りを作った時は
上手く肘が上がっているのですが、回転動作に入る瞬間に
ボールを起点に頭の方向に近づけていくため肘が下がってしまいます。
ボールを起点にするのではなく肩のラインまで上がった
肘を起点にボールを上げてくるようにしてください。
そうすることによって肘の下がりは解消されていきます。
肘、肩の故障のリスクを減らすため、早めに身につけていきましょう。

 

 

この写真は、リリースの直前の写真になります。
ここで注意したいのが左手(グローブ)の使い方です。
グローブが胸の方向へ引いてこれていないのがご覧頂けますでしょうか?
このように左手が使えていないと強く回転をしていくことが出来なくなってしまいます。
回転が上手く出来ないということは腕の振りが鈍くなってしまいます。
いくら腕を強く振ろうとしても回転動作を利用できなければ限界があります。
左手を胸の位置に引いてくるようにして回転力を上げ
力を入れなくても腕を強く振れるよう改善していきましょう。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
グローブの抜けを抑える練習方法
∟10回×3セット

トレーニング動画②
肘の下がりを改善する練習方法
∟10回×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.