名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 和田 祐輔 様

  • HOME »
  • オンライン解析 和田 祐輔 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のバッティングフォームから
改善点をお伝えしていきます。
まずこちらの画像はボールを打つ前の
テイクバックを取っているところです。
ここで見ていただきたいのは体のひねり具合です。
完全に体をひねりきれていないことが
お分かりいただけるでしょうか?
テイクバックはスイングにおける助走です。
なのでスイングする方とは反対方向に体をひねり
いわゆる「タメ」を作る必要があります。
つまりキャッチャー方向へのひねりを深く取ることで
助走が長くなりスイングスピードが上がっていきます。
そのためには骨盤を前傾させ右の股関節を中心に
体を回転させることが必要になってきます。
骨盤を前傾させなければひねりは生まれないので意識をしましょう。
ただ背中がピッチャーに見えるほどひねる必要はないので
注意しましょう。

 

 

2枚目の写真はトップに入った瞬間の画像です。
ここで注目していただきたいのは下半身の開きです。
完全に体が開いているというわけではありませんが
すでに右の股関節が開き体重が前に移っていって
しまっています。こうしてしまうと体の突っ込みにも
つながり、ボールに差し込まれてしまったり
差し込まれることで無理やりバットを出そうとして
右肩が下がりファースト方向にファールフライが
上がりやすくなってしまいます。
ですのでトップに入った段階ではまだ右足の股関節に
体重をかけておく必要があります。そうすることで
体の開きを抑えることができ体の突っ込みも抑えることが
できるのでインパクトに向けて体重移動をすることで
体重をボールへと上手く乗せることができてきます。
ぜひ意識して取り組んでいきましょう。

 

 

3枚目の写真はインパクトの前の画像になります。
ここで確認していただきたいのは下半身の使い方です。
前の膝が開いてしまっていることが分かりますでしょうか?
インパクト後に前足の膝が開いていくのは良いのですが
インパクトの前に前足が開いてしまうと体全体の開きが早くなり
やすくなってしまうことと開いてしまったことで回転を支える
軸がなくなりスイングスピード自体が遅くなってしまいます。
映像では上手くボールを打つことができているようですが
さらに飛距離を伸ばしていったり、打率を上げていくには
避けては通れない課題となってくるでしょう。
インパクトまで膝を開かない意識ができれば体の開きが
抑えられスイングスピードも上がるだけでなく
ボールになる変化球への見極めもできるようになってくるので
必ず意識をするようにしておきましょう。
以上の点を意識して練習に取り組んでください。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
股関節に乗せるための練習方法
∟10回×3セット

トレーニング動画②
前足の開きを改善するための練習方法
∟10回 × 3セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.