名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 矢澤 様

  • HOME »
  • オンライン解析 矢澤 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のバッティングフォームから改善点をお伝えしていきます。
まずこちらの画像はボールを打つ前のテイクバックに入った瞬間です。
ここで注目していただきたいのはテイクバックの際の軸足です。
軸足がキャッチャー方向に開いてしまっているのがお分りいただけますでしょうか?
このように軸足が開いてしまうと思い切ったテイクバックが取れないだけでなく、
力を外に逃がしてしまうことにつながります。
ですので軸足はつま先がホームベースにまっすぐに向いているようにしましょう。
そうすることでピッチャー方向へと下半身の力を引き出すことができるようになっていきます。
ぜひ注意してみてください。

 

 

2枚目の写真はトップからバットを振り出してインパクトに向かっていく瞬間の画像です。
ここで注目していただきたいのは下半身と上半身の動かし方です。
まず下半身から見ていくと下半身が特に骨盤が回旋していないことがお分かりいただけますでしょうか?
体の回転は体幹を起点とし下半身から動いていきます。
しかし現状のフォームでは下半身の回転が不十分になっており不十分にもかかわらず、
既に上半身の腕が回転を始めてしまっています。
バッティングは下半身の動きに引っ張れるようにして上半身を動かすことで
大きな力を生み出しますがこれでは下半身を使えていないため上半身だけのスイングとなってしまいます。
ですのでトップで着地した前足を固定したまま骨盤を回旋させていくことを心がけましょう。
そうすることでまずは下半身の力で打つという感覚をつかむことができるようになっていきます。

 

 

3枚目の写真はフォロースルーの写真になります。
ここで注目していただきたのは腕とバットの位置です。
腕とバットが体に巻きつかずに目の前で止まってしまっていることがお分かりいただけますでしょうか?
ここでバットが止まってしまっているということは腕だけの力でインパクトに向かって
一直線に力を出してしまったということを表しています。
これはいわゆる点で打ってしまっている状態です。
では点ではなく線で打つためにはどうしたら良いのかというと上から自分の体を見たとして
体を中心に綺麗な円を描くイメージをしてください。
その軌道にバットのヘッドを入れるようにしてスイングをしてみましょう。
その円の軌道で打つということが線で打つことに繋がっていきます。
こうした円の軌道でスイングをすることができればフォロースルーは
自然と腕とバットが体に巻き付くようになりバットは背中付近にまで来るはずです。
ぜひチェックしてみましょう。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
フォロースルーを大きくする練習
∟30回

トレーニング動画②
軸足の割れを防ぐ練習
∟30回

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.