名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 関 圭太 様

  • HOME »
  • オンライン解析 関 圭太 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

現状のフォームについてお伝えします。
まず1枚目の写真は左足が地面に着く寸前の画像です。
ここで注目していただきたいのは上半身の開きです。
左足を着地させトップに入る時にはまだ上半身は開きを抑えておく必要があります。
両足をついた状態から上半身の回転を始めることによって踏ん張りが効く分、
体幹を使うことができ上半身の回転を速くすることができるようになります。
ですが現状のフォームでは上半身、特にグラブを持っている腕が
足がつく前に大きく動き出し回転をしようとしてしまっています。
それにより下半身の踏ん張りが全くない状態、つまり上半身の
力のみで回転をしてしまうため、上半身の回転は遅くなってしまいます。
それにより腕の振りも遅くなり結果的にボールが遅くなってしまうのです。
まずはトップに入った時に上半身が開かないことを意識して練習を行なっていくようにしましょう。

 

 

2枚目の写真はトップに入った瞬間です。
上半身が開いており、キャッチャーに対して正面を向いてしまっていることが
お分かりいただけますでしょうか?
先ほども話しましたがトップに入った瞬間ではまだ上半身が正面を向いてしまってはいけません。
この画像を見ると上半身の開きが早いことがはっきりとわかると思います。
この前足が着地したトップの状態では右ピッチャーなら
上半身は三塁ベースの方向を向いておくようにしましょう。
そうすることによってバッターからもボールの出どころが見づらくなります。
逆に正面を向くのが早いとボールをバッターに早い段階で見せてしまうことにつながり
バッターからすればタイミングを合わせやすくなるので注意しましょう。
また軸足の膝も折れてしまわないようにギリギリまで伸ばしておくことで
無駄のない体重移動ができ球速アップにも繋がっていきますので合わせて注意しましょう。

 

 

3つ目の映像は、リリース後の写真です。
ここで確認していただきたいのは肘の位置です。
低い位置に肘があり、そこから上だけの力でボールをリリースしようとしていることが
分かりますでしょうか?
この状態ではリリースに力は伝わりません。
リリースは右肩から肘、そしてリリースポイントにかけて一直線になるようにすることと
肘の位置は肩よりも高い位置にすることを心がけましょう。
そうすることによって下半身から上半身、そして投球を行う腕への連動がスムーズに行われ
力を無駄なくボールに伝えていくことができるようになります。
ぜひこの点に注意して練習をおこなってください。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
腰の開きを抑える練習方法
∟10往復×2セット

トレーニング動画②
リリースポイントのラインを合わせる練習方法
∟15スイング×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.