名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 井上 浩二 様

  • HOME »
  • オンライン解析 井上 浩二 様

 

burog

 

 

守備−Analyzing−

 

 

1枚目は捕球姿勢に入る時のものです。
こちらで確認して頂きたいのが捕球姿勢に入るときに軸足の膝が
内側に折れてしまっているのがお分かりでしょうか?
このように捕球する時に軸足の膝が内側に折れてしまうと捕球する前に
体重が送球方向に流されてしまいますので、イレギュラーに反応できなかったり、
軸足の力が抜けてしまいますのでステップが軸足で強く蹴り出せず
送球のステップにスムーズに移れなくなってしまいます。
そうならないためにも捕球する時は軸足の膝が
内側に入ってしまわないように注意していきましょう。
お悩みに合った内股というよりは、軸足の膝が内側に入ってしまうことで
内股に見えるかと思われます。
ポイントとしては右足のかかとからしっかり入ることでも改善できます。
また体重移動の行い方もお尻を振るようにして体重移動が行えると
膝が割れることなく体重移動できますので是非チーム練習のノックから
意識して取り組んでいってください。
まだまだ捕球も送球もレベルアップしていく要素はたくさんありますので
さらなるレベルアップに向けて我々も全力でサポートさせていただきますので頑張っていきましょう!

 

 

2枚目の写真は、捕球した瞬間のものです。
こちらで確認して頂きたいのが捕球時の体重の位置です。
捕球時というのはボールがグラブに入った瞬間のことです。
この時にすでに送球方向側の足に体重が流れてしまっているのがお分かりでしょうか?
こうなるとイレギュラーにも反応できなくなりますし、足が止まってしまい
スムーズに体重移動ができなくなり送球のステップのタイミングがずれてしまい
ステップしづらくなってしまうのです。
ですので捕球した瞬間は軸足の方に体重が残った状態で捕球していくことを意識してください。
コツとしては追いかけてきた勢いのまま捕球に入っていくと勢い余って
体重が流されやすくなってきますので捕球する前に間をしっかり取れるようにしていきましょう。
間をとることで捕球から送球に移るタイミングも合うようになってきますので
ぜひこの間をとるための練習方法を必ず実践していってください。

 

 

3枚目の写真は、送球へのステップに入った時のものです。
ここでは目線の高さが大きく変わっていく部分が気になります。
赤い線は、捕球時の目線の高さです。
目線が大きく上下してしまうことで送球は安定しにくくなってしまいます。
1つ目、2つ目でお伝えした体が突っ込むということで
そのままの高さでは送球できないため、上がってきてしまいます。
捕球体勢に入る時から軸足の股関節に重心が残るようにし、捕球、ステップのときも
軸足の股関節に重心がのったまま、動作をとっていけるようにしましょう。
そうしていくことで、目線の高さも大きく変わらずに送球まで入っていくことができます。
今回、お伝えさせていただいた3点は、軸足の動きを改善していくことで
どの部分にも変化は見られてきます。
ぜひ意識を持って取り組んでいってください。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
捕球時の重心の位置を覚えるための練習方法
∟20球は必ず行ってください。

トレーニング動画②
捕球時の軸足の膝が内側に入らないようにするための練習方法
∟30回×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.