名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 川端 邦祐 様

  • HOME »
  • オンライン解析 川端 邦祐 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

現状のピッチングフォームについてお伝えします。
まず1枚目の写真は、軸足で立った時の画像です。 写真上に引いた線は体の軸の位置です。
この線の位置に頭の中心が来ていないということは、体が前傾をしている状態になっています。
足を高く上げようとして、骨盤が後傾してしまうと、このラインからずれてしまいます。
前傾しまうと、上体が倒れやすく、スムーズな体重移動ができなくなり、リリースも安定してきません。
ですので、しっかり軸足に意識を持ち、1本の棒になるように立つようにしていきましょう。
軸足1本で立った姿勢がピッチングのスタートになります。
その姿勢がしっかりとしていれば、リリースも安定してきます。 軸足に意識を持ち、
つま先に体重がかかりすぎないようにして、軸足の母子球に体重を乗せ、体幹に力を入れ、
軸足から頭の先までが1本になるように立つ練習をしていきましょう。

 

 

2枚目の写真は前足が地面に着く前の瞬間です。
見ていただきたいのは、軸足の膝の向きです。
軸足のタメはとてもよいのですが、軸足の回転するタイミングが少し早くなってしまっています。
軸足の回転が早くなってしまうと、体がキャッチャー方向に流れやすくなってしまいます。
さらに、腰の開きも早くなってしまいやすくなるので、前足が地面に着くまでは
軸足のつま先と膝の向きがギリギリまで同じ方向を向くように軸足でタメを作った状態を
キープしたままトップに入り、そこからリリースに入っていくようにしましょう。
そうすることにより軸足に体重を乗せたまま体重移動をしてリリースにいくことができますので、
今まで以上に体重の乗った重い球を投げていくことができます。

 

 

3枚目の写真は、トップを作った時の映像です。
ここでのポイントは肘の高さです。
肘の高さが肩の高さまで上がりきっていないのが分かると思います。
肘が下がってしまうと体の回転でボールが離れていってしまい、
体の回転速度が遅くなってしまいます。
そうなると、球威は上がらずに、コントロールも安定してきません。
さらに肘がしっかりと上がってこないと、肘、肩にかかる負担も大きくなり、
故障の原因となってきます。
トップの位置の時に肘の高さが肩の高さと同じ位置にきていることをいうことを確認しながら、
日頃のキャッチボールを行いましょう。
肘が上がりきる前にトップができてしまうのは、体が前につっこんでしまうため、
肘が上がってくる時間を作れていないためです。
クイックの際もこのトップの位置は変わりません。
ここまでは早く行いますが、この瞬間のポジションをとれるようにすると、
クイックでも同じように投げることができます。
軸足に体重を乗せて、前足が地面に着くときには重心は軸足側に残すように
日頃のキャッチボールから意識して行うようにしましょう。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
軸足の折れを防ぐ練習方法
∟20回×2セット

トレーニング動画②
肘の高さが下がらないようにする練習方法
∟10球×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.