名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 後藤 様

  • HOME »
  • オンライン解析 後藤 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

現状のピッチングフォームについてお伝えします。
まず1枚目の写真は、前足が地面に着地する前のものです。
トップを作る前に骨盤が抜けてしまい、下半身に力が溜まっていない状態になってしまっています。
骨盤が上を向いてしまうと、体の軸もズレてしまうので球速の上がらない投球フォームになります。
骨盤を後傾させないためには、体重を軸足の股関節に乗せることが大切になってきます。
股関節に体重が乗ってくると、軸足のお尻が張ってきます。
イメージとしては、椅子に座るときのように膝がつま先より前に出ず、
お尻を引きながら体重を落としていく形になります。
そうすることにより骨盤の向きが後傾せず前傾の形ができます。
無駄のない動きでしっかりと体重を下半身に溜めていくには、とても大切な動きとなります。
膝がつま先より出ないようにお尻を後方に引いて体重を乗せる練習を行うようにしましょう。

 

 

2枚目の写真は前足が地面に完全着地した時のものです。
ここでは、トップを作った際のボールを持つ手の位置と頭の距離が少し離れてしまっています。
この距離が離れてしまうことにより、腕を出していくタイミングが体よりはるかに遅れてしまい、
肩・肘にストレスがかかりやすくなってしまします。
ボールが頭の近くを通ってリリースポイントに入っていくようにするとボールの位置が離れにくくなり、
投げるボールが安定してきます。
理想としては、体の前でリリースを行いたいのですが、写真のように手が体から離れてしまうと、
肝心なリリースでのボールへの伝える力は減少します。
キャッチボールからボールの位置というのを意識しましょう。

 

 

3枚目の写真は、リリースする瞬間のものです。
注目していただきたいのは、前足の膝の開きです。
リリースする瞬間に前足が開いてしまっているということは力が外側に抜けてしまい、
ボールに体重を乗せることができなくなってしまいます。
前足が開いてしまうと、下半身でのブレーキができず上半身が下半身と一緒に流れてしまいます。
前足の内側に力を入れておくことで膝が外側に抜けなくなり、
下半身のブレーキができるので開きも抑えられ、さらに腕のスイングスピードも上がってきます。
ですので、前足が地面に着いたら前足の膝の内側に力を入れ、体の回転を支えるようにすると、
前足でブレーキができるので投球フォームが安定してきます。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
骨盤の後傾を抑える練習方法
∟10球×2セット

トレーニング動画②
頭とボールの位置が離れないようにする練習方法
∟10球×2セット
(肘にピンポン球くらいの大きさの物を挟んだままボールを投げます)

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.