名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 鈴木 様

  • HOME »
  • オンライン解析 鈴木 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

今現在での鈴木様のバッティングフォームで
いくつか改善点をお伝えしていきたいと思います。
まず一つ目はやはり振り出す時にグリップの距離が
近くなってしまい強い打球がいかなくなってしまいます。
また、高めの球が来た時に差し込まれることが多くなるので
振り出す時に右の手の甲が空を向いた状態でスイングしていくことで
グリップから出ていき高めの球に対して真っ直ぐバットも出ていきます。
このように振り出す時に右の手の甲が
ピッチャー方向に向いている状態で振り出してしまうと
ダウンスイングになりやすいので切ったような打球が多くなります。
そうならないためにも黄色い矢印の方向に手の甲が向いている
状態で振り出していけるように取り組んでいきましょう。
脇は開き方によって開いてもいい開き方と開いてはいけない開き方があるので
あまり脇を締めることは意識せず、まずはこの振り出し時の手の甲の向きを
改善していけるように取り組んでいってください。

 

 

2つ目の左の画像はインパクト前の画像です。
この時にすでに赤い円の部分の左膝がピッチャー方向に
向いてしまっているのがお分かりでしょうか?
こうなってしまうと体が開くのも早くなってしまうので
右肩が抜けてしまいスライスする打球が多くなります。
なるべく膝がサードベンチの方向に向いている状態で
インパクトまでバットを持ってくるようにしていきましょう。
コツとしては回転動作に入る時に軸足の太ももを黄色い矢印のように
内側に絞るように回転させることで自然と股関節の動きが良くなり
回転する時に軸足の親指の母子球に体重が乗ってくるようになっていきます。
またもう一つの原因としては足を着地していく時に
体重が前に流されてしまうので軸足の股関節のためが
なくなってしまった状態で回転動作に入ってしまうので
軸足が内側に折れてしまうのが早くなってしまうことが多くあります。
しっかり軸足の股関節にタメを作った状態で足を着地していき
先ほどお伝えした回転をすることでこの膝の折れも改善されていきます。

 

 

3つ目の写真で確認していただきたいのが先ほど二枚目でも
お伝えした足を着地した瞬間の膝の位置です。
この位置が足を着地した瞬間につま先よりピッチャー方向に
傾いてしまっております。赤い線がヒナタの膝の位置です。
このような状態になってしまうと膝が折れてしまうのも
早くなってしまい体が開くのが早くなってしまいます。
足を着地させた瞬間はできるだけ黄色い線の位置に
膝があるようにし回転動作に移っていくことで強くインパクトに
スイングしていけるようになります。その時に注意するのが
頭だけを残してしまう選手が多くいるので頭ではなく膝の位置を
注意するようにしましょう!
以上、この三つの点に注意し体の開きを改善しより強い打球を
打っていけるようにしていきましょう!

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
膝の位置を改善するための練習方法
∟30スイング

トレーニング動画②
左膝の回転動作を修正するための練習方法
∟30スイング

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.