名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 大矢 辰徳 様

  • HOME »
  • オンライン解析 大矢 辰徳 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

現状のフォームについてお伝えします。
まず1つ目にボールの握り方です。
まだ手が小さく、ボールを大きく感じてしまうのかもしれませんが、親指が外に開いてしまっています。
こうなってしまうと、ボールに回転をかけることができず、
お悩みにもあったようなボールがすっぽ抜けやすく回転も変な回転になってしまいます。
親指の位置としては、人差し指と中指の間からまっすぐの場所でボールを持つようにしましょう。
そうすることではじめは握りにくいかもしれませんが、ボールにスピンをかけられるようになります。
正しいボールの握り方をしていくことで綺麗な回転になり、腕への負担も減っていきます。
まずはこの部分から取り組んでいきましょう。

 

 

2枚目の写真は、前足を着地しトップを作ってきたときのものです。
ここで注目していただきたいのは、
前足の膝がくるぶしから上に引いた線よりも前に出てしまっている点です。
下半身を使って投げようという意識は良いのですが、
リリースする前に前足の膝がくるぶしよりも前に出てしまうことで力が前側に抜けてしまい、
ボールに体重を乗せることができなくなってしまいます。
前足の膝が出てしまうと、下半身の動きのブレーキができず
上半身が下半身と一緒に流れてしまいます。
前足の太ももの内側に力を入れておくことで膝が前側に抜けなくなり、
下半身のブレーキを作ることができるので開きも抑えられ、
さらに腕のスイングスピードも上がってきます。
ですので、前足が地面に着いたら前足の膝の内側に力を入れ、体の回転を支えるようにすると、
前足で下半身を支えるブレーキができるので投球フォームが安定してきます。

 

 

3枚目の写真はトップを作った時のものです。
ここでのポイントは肘の高さです。
肘の高さが肩の高さまで上がりきっていないのが分かると思います。
トップまでで肘が上がっているのですが肘を返すときにボールを基点に上げているため、
肘が下がってしまっています。
肘が下がってしまうと体の回転でボールが離れていってしまい、
体の回転速度が遅くなってしまいます。
そうなると、球威は上がらずに、コントロールも安定してきません。
さらに肘がしっかりと上がってこないと、肘、肩にかかる負担も大きくなり、
故障の原因となってきます。
トップの位置の時に肘を中心に返していき、肘の高さが肩の高さと同じ位置にきている
ということを確認しながら、日頃のキャッチボールを行いましょう。
このトップの作り方を改善していくことでテイクバックも改善されていきます。
日頃のキャッチボールから意識して行うようにしましょう。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
肘の高さが下がらないようにする練習方法
∟10球×2セット

トレーニング動画②
前膝の割れを抑える練習方法
∟20タッチ×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.