名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 荒川 聖名 様

  • HOME »
  • オンライン解析 荒川 聖名 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のフォームで幾つか改善点をお伝えしていきたいと思います。
まずトップを作った時にヘッドがキャッチャー方向に倒れてしまっているのがお分かりでしょうか?
こうなると振り出しからインパクトまでの距離が短く、インパクトの時にヘッドスピードが
速くなってこないので強い打球が打てなくなってしまいます。
またトップ時にヘッドがキャッチャー方向に倒れてしまうと、
スイングの軌道が波打ってしまったりすることがあります。
理想は腕とバットの角度が45度が一番力の入る理想の位置となります。
赤色の線の位置にバットが来るようにトップが作れるようになると、
いつでも打ちにいける準備というのができますのでぜひ意識して取り組んでみてください。
そうすることで打球も強くなりバットの軌道もまっすぐスイングしていけるようになりますので、
ミート力も上がっていくようになります。 是非練習から意識してみてください。

 

 

2枚目の画像は足を着地させた瞬間の画像です。
この時に確認していただきたいのが軸足の膝です。
この膝が内側に折れてしまっているのがお分かりでしょうか?
こうなると体がキャッチャー側に傾いてしまい、振り遅れることが多くなってしまいます。
逆に体重移動がコントロールできずに前に突っ込んでしまう原因にもなります。
また同じように体重移動がコントロールできないとタイミングも取りづらくなってしまいます。
そうならないためにも足を着地していく時に軸足の膝が
内側に折れてしまわないようにしていきましょう。
理想としては軸足のつま先の真上に膝が来るように足を着地していけると
バランスも良くなりタイミングも取りやすくなっていきます。
この膝の折れを改善することでミート力、飛距離も伸びていきますので
練習時から意識して取り組んでいってください。

 

 

3枚目の写真は、インパクト時のものになります。
この画像で確認していただきたいのがインパクトの位置です。
バットが返ってしまっている位置でインパクトを迎えているのがお分かりでしょうか?
1枚目でお伝えしたトップ時のヘッドの位置からこのようになってしまっています。
この位置でインパクトを迎えてしまうと、打球に力が伝わりにくくなってしまいます。
赤い線でインパクトを迎えることができるようになると、
より力強い打球になるとともにフォロースルーを前に大きく取っていくことができます。
今回お伝えした3点を意識し、取り組んでみてください。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
ヘッドの角度改善のための練習方法
∟30回×2セット

トレーニング動画②
軸足の膝の折れを改善するための練習方法
∟30スイング

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.