名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 首藤 恵音 様

  • HOME »
  • オンライン解析 首藤 恵音 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のフォームで幾つか改善点をお伝えしていきたいと思います。
まず、1枚目の写真はステップした足を着地した時のものです。
インステップしてしまっているのがお分かりになりますでしょうか?
インステップしてしまうことで、腰の回転をしていくことが難しくなっていきます。
そのため、スムーズにスイングしていくことが難しくなり、
レベルスイングをしていくことができないためお悩みにあったような
ゴロの打球が増えてしまいます。
ステップしていく足はなるべくまっすぐ出していけるようにしていき、
腰、肩もまっすぐ横を向いたままステップした足の着地まで行けると
体の開きも抑えていくことができます。

 

 

2枚目の画像は振り出し時のものです。
このときに確認していただきたいポイントはグリップの位置です。
グリップの位置が前に出すぎてしまっています。
こうなってしまうと、腕のスムーズなスイングができなくなってしまうため、
こねてしまいやすくなります。
内側から出そうとしすぎると、
このようにグリップが前に出すぎてしまいます。
黄色の線までグリップが出てきたら、
そこからはヘッドが出るように前にスイングしていくようにしていきましょう。
そうしていくことでこねることも減り、スイングが力強くなっていきます。

 

 

3枚目の写真は、インパクト後のものになります。
この画像で確認していただきたいのが前の肩の
使い方です。 前の肩がすくんでしまっているのが
お分かりでしょうか? こうなってしまうとスイング自体が窮屈になってしまうので
しっかりボールを捉えることが難しくなってきてしまいます。
スイングが窮屈になってしまうのですが、この前の肩の使い方を改善していくことで
バットもスムーズにインパクトまで迎えることができます。
ボールの軌道の方に真っ直ぐスイングしていけるように練習から意識していってください。
インパクトからのフォロースルーを手首ではなく前肘をしっかり返すことで、
スイングの軌道も真っ直ぐになっていきます。
アウトコースの素振りを繰り返し、スイングの軌道を
イメージして取り組んでいってください。

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
肩のすくみを改善するための練習方法
∟30スイング

トレーニング動画②
グリップが前に出すぎるのを改善するための練習方法
∟30スイング

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.