名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 平林 様

  • HOME »
  • オンライン解析 平林 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のバッティングフォームから改善点をお伝えしていきます。
まずこちらの画像はテイクバックで足を上げた時の画像です。
ここで確認していただきたいのは軸足です。
右足のつま先がキャッチャー側に開いてしまっているのがお分りいただけますでしょうか?
バッティングはピッチャー方向にまっすぐ力を伝えていくことが大切です。
そのためにも軸足の力を少しでもロスさせないために内側につま先を向けておくようにしましょう。
そうすることで軸足の膝の割れもなくなりトップに向けて
軸足から前足へとスムーズに体重移動を行えるようになっていきます。
バッティングの力を生み出す最初の段階なので常に意識をして練習に取り組んでいきましょう。

 

 

2枚目の写真はテイクバックからトップに向かっていく瞬間の画像です。
ここで注目していただきたいのは骨盤です。
骨盤が後傾してしまっているのがお分りいただけますでしょうか?
このように骨盤が後ろに傾いてしまうと体をスイングのために
回転させる時にまず体のひねりを生むことができません。
またいざ回転していく時に体幹の力を使うことができず
体が背中側にそっていってしまうため腕だけの力でスイングをしてしまいます。
力が出せないためバットが回ってこずインコースが打ちづらくなってしまっています。
改善していくためにはテイクバックの段階から骨盤を前傾させ
その状態で体幹を使って回転をしていきインパクトを迎えていくようにしていきましょう。
そうすることで回転の範囲も大きくなり体幹の力でスイングすることで
ヘッドスピードも上がっていきミート力、飛距離、打球速度ともに上がっていきます。
ぜひ意識をしてください。

 

 

3枚目の写真はインパクト前の写真です。
ここで注目していただきたいのは左腕です。
左の脇が開いてしまっているのが確認できますでしょうか?
この脇が開きすぎ肘が上に上がることで持っているバットのヘッドが下がってしまっています。
また脇が開くことでバットが体から離れていき回転をしていくと
その遠心力によって外に外に力が向かっていきます。
その結果インコースが打ちづらくなってしまいます。
改善していくためにはスイングの最初の段階ではバットを体の内側においておく必要があります。
その後遠心力でバットが外に行くことでスイングの力を生み出します。
インコースを打つにはこの時のバットが体の内側にある状態を長めに取ることが必要です。
内側にある状態で我慢をし、バットではなく体を回転させていき
インコースを捉えるポイントに来た時に体からバットを離して外へと力を出していけば
インコースもうまくさばくことができるようになっていきます。
その体の内側にバットがある状態を生み出すためにも左腕が胸の近くに来るように
脇を締めていきましょう。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
振り出す時のバットの位置を改善するための練習方法
∟10回×3セット

トレーニング動画②
軸足の股関節に乗せるための練習
∟10回×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.