名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 田中 様

  • HOME »
  • オンライン解析 田中 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のフォームで幾つか改善点をお伝えしていきたいと思います。
1枚目の写真は、テイクバックを取ったときのものです。
前から見たときに背中側が大きく見えるようになってしまっています。
こうなってしまうと、実際に前からボールが来たときにボールを見てくることができません。
また、インステップにもなりやすくなってしまいます。
そのため、素振りと実戦で違うスイングになってしまいます。
そうなってしまうと、練習を多くしても、試合で結果が出ないということになってしまいます。
構えからスイングに入る際にピッチャーの方向を見てスイングするようにしましょう。
そうしていくことで、この背中側に大きく入ってしまうということは、抑えられていきます。

 

 

2つ目の写真は、前足を着地させたときのものです。
ここで見ていただきたいポイントは、足を着地させた時の腰の向きです。
足を完全に着地させた時にすでに腰がピッチャー側に開いてしまっています。
これは1つ目でお伝えした背中側に大きく引いてしまっている反動として
早く開いてしまうという影響もあります。
こうなってしまうとバットが出てこず差し込まれる原因になります。
ボールを捉えられたとしてもインパクトに力が伝わりづらく
強い打球を打つことが困難になっていきます。
インパクトの後に腰が開いていくのはいいのですが、
インパクト前に開いてしまうと強い打球は打てなくなります。
ですので、軸足の股関節に体重が乗っている状態で足を着地していけるように
練習していきましょう。
そうすることで自然と腰の開きが改善されていきますので、
飛距離、ミート力共にレベルアップしていきます。
まずはこの腰の開きを改善して土台を作り上げていければと思います。

 

 

最後に3つ目の写真は、インパクト直前のものです。
この画像で確認していただきたいのが前の肘の使い方です。
スイングしていく時に前の肘が曲がった状態で打ちに行ってしまっているのが
お分かりでしょうか?
こうなってしまうとスイング自体が窮屈になってしまうので
しっかりボールを捉えることが難しくなってきてしまいます。
フォロースルーがスムーズに取れなくなってしまうため窮屈になってしまうのですが、
この前の肘の使い方を改善していくことでバットもスムーズにインパクトまで
迎えることができるので前の肘の使い方をボールの軌道の方に
真っ直ぐスイングしていけるように練習から意識していってください。
真っ直ぐインパクトまで肘をぶつけていけばインパクトからのフォロースルーを
手首ではなく前肘をしっかり返すことで、スイングの軌道も真っ直ぐになり
ボールに対しても強く打っていけますので肘を背中側に引いてしまったりしないように
打つ方向に腕を伸ばしていくことをイメージして取り組んでいってください。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
腰の開きを改善するための練習方法
∟30スイング

トレーニング動画②
前肘の使い方を覚えるための練習方法
∟10回×3セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.