名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 川野辺 勇 様

  • HOME »
  • オンライン解析 川野辺 勇 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のフォームで幾つか改善点をお伝えしていきたいと思います。
1枚目の写真は、テイクバックを取ったときのものです。
こちらの画像で確認していただきたいのが軸足に体重を乗せたときの体重の乗せ方です。
バッティングでは軸足に体重を乗せた時にただ単に軸足に体重を乗せただけだと
腰の回転力が使えなくなるため、強く打つことが難しくなります。
腰の回転力を使ってスイングしていくためにも軸足に体重を乗せた時に
軸足の股関節にズボンのシワができるように体重を乗せていくことで、
腰の回転力を上げることが可能になります。
このズボンのシワができた状態で足を着地させていきバットを振り出す瞬間に
一気に回転していくことで、さらに強い打球が打てていけますので
練習から意識して取り組んでいってください。
その時に注意していただきたいのが肩も一緒にひねってしまうと
ボールが見づらくなってしまいますので肩がキャッチャー側に入らない程度に
腰を少しひねって軸足の方に体重を乗せていってください。

 

 

2つ目の写真は、前足を着地させたときのものです。
前足を着地させた時に前足のつま先がピッチャー方向に開いてしまっているのが
お分かりでしょうか?
前足を着地した時にすでにつま先がピッチャー方向に開いてしまうと
上半身(肩)や腰もインパクトの瞬間に開きやすくなってしまうのです。
インパクトの後にスイングの回転の勢いでつま先がピッチャー方向に向いてしまうのは
問題ないのですが、インパクトの前につま先がピッチャー方向に開くと
体が早く開いてしまいアウトコースも遠くなりますし、バットも出てくるのが遅くなってしまいます。
ですので、足を着地させた時にはまだつま先がホームベースの方向に向いているように
足を着地させていきましょう!
そうすることでさらなる飛距離アップミート力アップにもつながりますので
ぜひ取り組んでみてください。

 

 

最後に3つ目は、インパクト直前のものです。
このときに確認していただきたいポイントはグリップの位置です。
グリップの位置が前に出すぎてしまっています。
こうなってしまうと、腕のスムーズなスイングができなくなってしまうため、
こねてしまいやすくなります。
また、ここから先のスイングが腕だけのスイングになってしまうため、打球に力が伝わりません。
バットを内側から出そうとしすぎてしているため、
このようにグリップが前に出すぎてしまいます。
おへその前までグリップが出てきたら、そこからは
ヘッドを走らせ前にスイングしていくようにしていきましょう。
そうしていくことでこねることも減り、スイングが力強くなっていきます。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
前足のつま先が開かないようにするための練習方法
∟20回

トレーニング動画②
軸足の乗せ方を覚えるための練習方法
∟20回

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.