愛知で野球教室・個人指導をお探しなら!ドラゴンズベースボールアカデミーとパートナーシップ契約を締結している動作解析のBASEBALL ONEへ!お子様から大人の方までご利用いただけます!

MENU

前肩の入りすぎに注意!

  • HOME »
  • 前肩の入りすぎに注意!

 

こんにちは。

BASEBALL ONE
吉田真人です。

 

シーズンが始まり
調子はどうでしょうか?

 

調子が良ければ
「もっと!」と
欲が出てしまい

調子が悪ければ
「結果を出さないと」と
力みが出てしまうものです

 

調子に左右されずに
いつも同じ動きが
できれば一番ですが

やはり結果に対して
感情を抱いてしまうのは
しょうがない部分でもあります。

 

そこで今回は
バッターのあなたに
チェックしていただきたい
ポイントを紹介します!

 

どうしてもバッターで
力みが出てしまうと
前足を踏み出すときに
前の肩が入りすぎてしまい

ピッチャーへ
背中を向けてしまう
動きになってしまいます。

なぜ

前の肩を入れすぎて
はいけないのか?

ピッチャーへ背中を
向けない方がいいのか?

 

理由として
2つあります。

まず1つ目は
リリース時を
見にくくしてしまう
ということです。

 

早くボールがどこにくるのかと
判断していきたいので
リリースを見ることが
大切となります。

 

そこで
前の肩を入れてしまうことで
そのリリース時を見にくくし
判断を鈍らせてしまいます。

 

2つ目は
体が開きやすく
肝心なバットが出てこない
ということです。

 

前の肩を入れてしまうと
バットが出しにくく
体を開いて振り出してしまい
結果的にバットが出てこない
ということになってしまいます。

 

それでは
あなたの今を振り返ってみましょう!

 

ヘッドが上手く出ていないな
なぜか詰まってしまう
タイミングが合わない

そんなあなたは
前の肩が入りすぎて
しまっているかもしれません!

 

前の肩はそのままで
前足を踏み出していくことで
ボールをとらえやすく
ヘッドが出てきやすく
なっていきます!

 

どの選手でも
欲・力みが出てしまうと
前の肩が入りやすくなりますので
日頃からのチェックが大切となります!

 

ぜひ参考にしてみてください!

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

店舗所在地情報 名古屋フィールド 豊川フィールド碧南フィールド一宮ベースボールジム岡崎フィールド小牧バッティングスクール半田バッティングスクールビーワン鍼灸治療院碧南バッティングセンター

動作解析投球解析打撃解析オンライン解析チーム出張解析県外プラン個人指導ピッチングプランバッティングプラン内野手プランキャッチャープラン

グループトレーニングバッティングスクールピッチングトレーニング体幹・股関節トレーニング走力アップトレーニングビーワン!KIDS

施設利用野球専用ジムトレーニングルーム室内練習場貸出spオンラインセミナー教材オンライン解析カード

  • facebook
  • twitter
ビービーワン!通信 LINE facebook Youtube Instagram   LINE
ドラゴンズアカデミー   ドラゴンズカップ   求人情報
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.