愛知で野球教室・個人指導をお探しなら!ドラゴンズベースボールアカデミーとパートナーシップ契約を締結している動作解析のBASEBALL ONEへ!お子様から大人の方までご利用いただけます!

MENU

キャッチャー 低めのキャッチングのコツは手首の高さ!

  • HOME »
  • キャッチャー 低めのキャッチングのコツは手首の高さ!

こんにちは。

 

 

 

 

BASEBALL ONE
吉田真人です。

 

キャッチングを行うにあたって
「ミットを止める」など
ミットを動かさないようにといった
言葉を聞くこともあるのでは
ないでしょうか。

 

実際に私自身も
ミットを止める、ミットを動かさないと
伝えることがあります。

 

その中で押さえておきたいのが
何故、ミットを止めるのか?

 

といった部分を考えて頂きたいのです。

 

ミットが止まるか、動くかで
ストライク、ボールを判定する
審判にも影響を与えるからです。

 

その一つが今回のテーマでもあります
低めのキャッチングのコツなんです。

 

低めのボールに対して
「どうしてもミットが落ちてしまう」

といった悩みを持つキャッチャーは
少なくありません。

 

なぜミットが落ちてしまうのかを
しっかりと理解していく必要があります。

それはボールと同じように
動いてしまうからなのです。

ボールは上から下へと動きます。

 

そのボールと同じ軌道に
ミットを動かしてしまうと
ミットも落ちやすくなるのです。

低めのボールになれば
よりミットが上からの
動きとなると言うことです。

 

その為
低めのボールに対して
ミットを先回りさせ
手首の高さを変えずに
ミットを上に上げていくのです。

 

つまりポイントは
「手首の高さ」です。

 

捕球寸前の高さを保ち
ミットの先を持ち上げる形で捕ると
ミットを落としことなく
キャッチングを行うことが
可能となっていきます。

 

ピッチャーのボールを引き立てる上での
ワンポイントを参考に取り組んでみて下さい。

 

キャッチャーセミナー

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

店舗所在地情報 名古屋フィールド 豊川フィールド碧南フィールド一宮ベースボールジム岡崎フィールド小牧バッティングスクール半田バッティングスクールビーワン鍼灸治療院碧南バッティングセンター

動作解析投球解析打撃解析オンライン解析チーム出張解析県外プラン個人指導ピッチングプランバッティングプラン内野手プランキャッチャープラン

グループトレーニングバッティングスクールピッチングトレーニング体幹・股関節トレーニング走力アップトレーニングビーワン!KIDS

施設利用野球専用ジムトレーニングルーム室内練習場貸出spオンラインセミナー教材オンライン解析カード

  • facebook
  • twitter
ビービーワン!通信 LINE facebook Youtube Instagram   LINE
ドラゴンズアカデミー   ドラゴンズカップ   求人情報
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.