名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

MENU

石坂 祐太郎

BASEBALL ONE
ベースボールアナライザー

石坂 祐太郎(イシザカ ユウタロウ)

野球経歴

小学校
則武野球少年団に所属
3年生から野球を始める。

 

中学校
ボーイズリーグ 岐阜県支部
岐阜北ドリームス(現 岐阜北ボーイズ)に所属

 

岐阜北高校
岐阜県の進学校で文武両道
副キャプテン3番ピッチャーとしてプレー

 

大学
三重大学硬式野球部に所属
副キャプテン外野手としてプレー

 

インタビュー

 

ー石坂さんが指導者になろうと思った理由はなんでしょうか?

好きな野球に携わっていきたい、野球の魅力を多くの野球少年と味わいたい、自分を育ててくれた野球界を更に発展させたいと思い、指導者になりました。
高校、大学の進路も高校に入って野球を指導したいという思いの中、教員免許を取得できる進路の中で、自分の実力を考慮して選択しました。

 

ー今までの高校での指導実績はどういうものがありますか?

大学を卒業してから6年間、現場に出て指導していました。
その中で、秋季県大会ベスト4、秋季県大会3位、地区大会出場といった実績があります。

 

ー6年間高校野球の現場で指導者として活躍されていた石坂さんが、BASEBALL ONEを選んだ理由はなんだったのでしょうか?

好きな野球を仕事にしたい!
野球指導者としてスキルアップしたい!
野球を広く深く学びたい!と思い、入社しました。
野球を多面的に深く研究し、向上心のある野球人の支援がしたいです。

 

 

ー石坂さん自身の現役時代の一番の喜び、挫折はどういうものがありますか?

現役時代の1番の喜びは、大学時代、現役最終戦でホームランを打ったことです。
誰よりも自分のことを応援してくれた両親が喜んでくれたことがとても嬉しかったです。
また、現役時代の1番の挫折は高校時代、最後の夏の大会前に故障し、ピッチャーとして出場できなかったことです。
自分のベストパフォーマンスを出せなかった悔しさと、チームを勝利に導くことが出来なかった申し訳なさが今でも残っています。
故障を多く経験したことは苦労しました。
思うように野球に取り組めない時期があったり、ベストパフォーマンスを発揮できなかったりした経験があります。
その中で自己管理、コンディショニングの大切さを学びました。
選手をサポートするときもそのことは伝えるようにしています。
また、サポートしていく中では、選手の目標は何か、どうなりたいのか、目的地はどこなのかに対して、安全に導くサポートを意識しています。
選手の挑戦心に火をつけ、潜在能力を引き出すために、様々なことに挑戦できるようなサポートを心がけています。

 

ーこれまで野球をしてきた中で大切にしてきたことは何がありますか?

野球が好きだという気持ちです。
野球が好きだという気持ちを持って取り組めば、野球が楽しいですし、心技体の成長も大きくなると実感しています。

 

ー大会に臨むときはどう準備をしていましたか?

個の時間を大切にしていました。
静かな個の空間で極限に集中力を高め、試合のイメージを膨らませながら準備する時間を大切にしていました。
本番で、準備していたイメージと重なった時には身体が勝手に反応し、ベストパフォーマンスが発揮できると思います。

 

 

ー石坂さんにとって野球とは!?

人生のパートナーです。
自分を大きく成長させてくれています。
これからも共に歩んでいきたいと思っています!

 

ーこれからBASEBALL ONEで選手をサポートしていきますが、BASEBALL ONEに通っているメンバーに向けてのメッセージをお願いします!

できなかったことができるようになる成長の喜びを共に味わいましょう!

 

 

ーありがとうございます。
最後に今後の夢・目標を教えてください!

日本一の野球指導者になることが目標です。
まだまだ野球人として未熟者ですので、学び続けていきます。
これからよろしくお願いします!!

 

 

>>
スタッフ一覧ページに戻る

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.