名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

コントロール×ボウリング

  • HOME »
  • コントロール×ボウリング

こんにちは。

 

 

 

 

 

BASEBALL ONE
上之薗 北都(ウエノソノ ホクト)です。

 

コントロールをよくしたい
ピッチャーであれば、
誰もが思うことだと思います。

 

コントロールをよくするために
日々走り込みをして

・下半身を鍛える
・投げ込みをする
・トレーニングをするなど

様々なことをしていることと思います。

 

そこで今回は、
コントロールをよくしていくための
ヒントになる考え方を紹介したいと思います。

 

そのヒントとは、
ボウリングから学ぶことができます。

 

あなたも一度はボウリングを
したことがあると思います。
ボウリングは野球以上に
スピードよりもコントロールが
重要になるスポーツです。

ボウリングで
コントロール良く投げるために
ボウリング選手が狙っているのは、
「ピン」ではありません。
その手前のレーンの途中にある
スパットと呼ばれる三角のマークです。

 

近くにあるマークを狙い、
ピンまでのボールが通過する
ラインを作っていきます。
そして、そこを通していくことで
最終地点にあるピンに当てていくのです。

 

 

これをピッチングに置き換えると
ピンはキャッチャーミットになります。
そして、スパットの役割になるのが

自分自身の
グローブや投球腕ではない肘、肩です。

 

投げる時には、
これらを投球方向に向けていくと思います。
このグローブ、肘、肩越しにキャッチャーミットを
見ていくことで自分自身からキャッチャーミットまでの
ボールの軌道のラインを作ることができます。

 

このラインを作ってから投げていくことで
コントロールを良くしていくことができます。

 

また、グローブ、肘、肩と3つあげたのは
自分に合うラインの作り方があるためです。
「グローブでやるより肘の方がラインを作りやすい」
「肩の方がやりやすい」など
個人差が必ずあります。

このボールの軌道を作ってから投球していくこと
は自分自身の投げているボールを把握していないと
できないので、自分自身を知るためにも有効です。

 

コントロールに悩んでいる選手
コントロールをもっとよくしたい選手は
ぜひ1度試してみてください。

投球解析

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.