こんにちは。

 

 

 

 

 

アスレティックトレーナー
阿部将大です!

 

肩や肘に痛みを抱えていれば
投球動作やスローイング動作に
悪影響を及ぼしてしまいます。

さらに
痛みを抱えながらプレーを行っていると
ケガそのものが重傷になってしまい
復帰までの期間も長くなります。

 

ですのでケガは早期発見をして
改善していく必要があります!

 

そこで今回は
『肘の痛み』
に対してのチェック方法を
ご紹介いたします。

 

ビービーワン鍼灸治療院では
野球選手の治療を行っていますが

『肘のケガ』
を抱えている選手が多くいます。

その中で
『肘の内側の痛み』
を訴える選手が多くいます。

 

投球動作の中で
痛みが出ていなくても

体のチェックをしていく中で
痛みが出ているようでれば
黄色信号となります。

 

まずは自分自身の体が
どのような状態であるのか?

ということを
把握していくことが重要です。

チェックをしていく中で
症状がなかったとしても
継続してチェックしていくことが
必要なのです。

日々、体の状態は
変化していくのです!

 

今回ご紹介するチェック方法は
ピッチャーの選手のみならず
野球選手全員にやっていただきたい
チェック方法になります。

 

肘の状態をチェックする方法

まずは
肘の曲げ伸ばしを行い
痛みがないか確認してください。

このタイミングで痛みがある選手は
病院での診察をお勧めします。

 

次に、
前ならえをするようにして
投球側の手を前に伸ばしていきます。

その状態で肘を曲げていきます。

この時に手の平を自分の方に
向けておきましょう。

 

そこから反対の手を
下側から回して親指をつかみます。


つかんだ親指を下に引くようにしていくと
肘の内側にストレスがかかっていくので
この時に痛みがないかを確認してください。

 

ストレスをかけていく時には
ゆっくりかけていくようにしてください。

 

勢いよく親指を引いてしまうと
ケガを助長させてしまう可能性があるので
注意してください。

 

親指に手が届かない…
ということもあるかと思います。

 

そのような場合には
タオルや短い棒などを持って
同様の動作を行ってください!

投球動作ができないということは
柔軟性に問題があるかもしれません。

 

ビーワン鍼灸治療院では
選手のサポートをさせていただいております。

 

あなたが抱える体に関しての
疑問などがありましたら
こちらからお気軽にお問い合わせください!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録