10月26日、10月27日の2日間、
Victoriaスポーツモール池袋東口店にてバッティング解析イベントを開催しました。

Victoriaスポーツモール池袋東口店でのバッティング解析イベントは1年ぶりの開催でしたが、小学生の選手はもちろん、大学生、社会人の選手など、幅広い年代の野球選手にご参加いただきました。

参加いただいた方の中には、以前もご参加いただいていた方もみえ、

『前回指導してもらってから結果が出ました!』

と嬉しそうな表情でご報告してくださる方もみえました。

このイベントでは、主に素振りを行い、素振りしたフォームを解析していきます。

その中で、

「普段意識していることはありますか?」

「普段監督やコーチから言われていることは?」

などと日頃の様子をお聞きしながら、サポートさせていただきます。

素振りを撮影するということで、参加者の中には

「素振りだといいんだけどな」

そうお話しするお父様もいました。

このバッティング解析イベントでは、バッティングのレベルアップをさせていただくことはもちろんですが、日頃の練習での方法や、年代に合わせた練習をどのように取り組んだらいいのか?

などとたくさんの質問をいただきます。

小学生のお子様を持つお父さんから

「この年齢の時期に何を優先して 取り組んでいくべきでしょうか? 今は数よりも1回を大切にして いいフォームでスイングができるように取り組んでいますが 今の取り組みでよろしいでしょうか?」

という内容で質問をいただきました。

 

小学生の時期というのは 打撃フォームに関わらず、投球フォーム 捕球動作などのベースを作る 大切な時期となっていきます。

力に頼ってしまったり、変な癖が身についてしまったりすれば、改善することが難しくなるので人間の本来持っている 体のつくりに対して 効率よく動作を習得していき、 練習することが大切となります。

ですので 、常に!フォームを確認しながら1回を大切にして練習を取り組むことは とてもいいことですよね。
そこで、お子様のフォームを確認しながら、注意点や意識するポイントなどをお伝えしながら、最適な練習方法もご提案させていただきました!

BASEBALL ONEが開催させていただくイベントでは、バッティングのレベルアップだけでなく、日頃の疑問や悩みなどにもお答えしながら、サポートをさせていただいております。

ぜひ、近郊の地域でイベントが開催される際にはご参加ください!

 

最後に、、、

解析イベントの参加者にご紹介した練習を1つご紹介します。

ご紹介する練習は、頭が突っ込んでしまう選手にオススメの練習となります。
動画の中で、ボールを打っていますが、スイングのみでも構いませんので、ご参考にしてみてください。

【手順】
1.捕手側の足を曲げ膝を立てた状態で投手側の足は膝が曲がらないように構える
2.頭の位置がズレないようにスイングする

【練習のポイント】
下半身が止まっているので引き手を背中側へ引くことがあるので引き手を背中側へ引かないようにしましょう。
また、スイングをしていく際に頭の位置がズレてしまうと距離感が掴みづらくなるので頭の位置を確認してください。

投手方向へ伸ばした足が曲がらないようにすることでより、頭を動かすことなくスイングをしていけるようになります。
ぜひ、ご参考にしてください。

お客様の声



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録