愛知で野球教室・個人指導をお探しなら!ドラゴンズベースボールアカデミーとパートナーシップ契約を締結している動作解析のBASEBALL ONEへ!お子様から大人の方までご利用いただけます!

MENU

『夏野菜を食べてコンディションを整えよう!』

  • HOME »
  • 『夏野菜を食べてコンディションを整えよう!』

 


こんにちは。

アスレティックトレーナー
阿部将大です!

試合も多く暑い季節が続いていきます。

体調管理やコンディション調整を
しっかりと行えていますでしょうか?

 

 

試合の多い時期というのは
コンディションを整えるということが
とても重要なことです。

コンディションを整えていくためには
この時期は体の熱をコントロールすることが
大切になっていくのです。

 

人間は『恒温動物』といって
常に同じ体温を保とうとしています。

 

そこでこの体の体温を保つためにも
エネルギーは消費してしまいます。

 

今の時期というのは
気温も高いため自然と体は熱くなっていきます。

 

 

人間は自然と体温を保とうとするので
エネルギーを消費していくのです。

もちろん疲労を回復していくためにも
エネルギーを必要としていくため
多くのエネルギーを必要としてしまいます。

 

 

本来疲労回復を行なっていく中では
エネルギーを補給し
貯蓄していかなければなりません。

しかしエネルギーを
消費してばかりいては
貯蓄していくこともできないのです。

ここで重要なのが
『食事』になります。

食べ物には『旬』があります。

 

その中で今回ご紹介するのは
夏野菜です!

 

夏野菜というと
きゅうりやトマト、なすなどを
思い浮かべるかと思います。

夏野菜には様々な作用があります。

画像のように冷やして
食べることも多くあります。

夏野菜には体を冷やすという作用があります。

 

 

この冷やすということも
ただ単に冷やすのではなく
体の中で調整されながら
冷やしていくことが可能になっていくのです。

 

 

体を冷やすならクーラーでも
良いのではないかと思うかもしれません。
しかしクーラーは体が調整しているのではなく
外から冷やされているのです。

 

このように自分の体の機能として
体温などの調整をすることが
少なくなってしまえば
気温の変化などにも体は
ついていけなくなってしまうのです。

 

夏野菜を取り、体を冷やしていくことで
体の機能として調整しながら
行われるので気温がいきなり高くなったとしても
対応はしやすいのです。

 

また夏野菜には
疲労回復を促進させる効果もあります。

夏野菜を食べることによって
夏特有の症状にも効果があるのです。

 

サラダや他の食材とも組み合わせて
旬の野菜も食べられるように
していきましょう。

 

ただし体を冷やそうとして
冷たい飲み物やアイスなどの
冷たい物を多く摂取してしまうと
体調を崩してしまう原因にもなりかねません。

 

冷たい物は適度に摂取して
多く取りすぎないように
注意していきましょう。

 

なかなか食事が喉を通らない
時期でもありますが
季節の野菜を食べて
食事の面でもコンディションを
整えていけるように
意識していきましょう。

スクリーンショット 2017-05-10 13.40.59

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

店舗所在地情報 名古屋フィールド 豊川フィールド碧南フィールド一宮ベースボールジム岡崎フィールド小牧バッティングスクール半田バッティングスクールビーワン鍼灸治療院碧南バッティングセンター

動作解析投球解析打撃解析オンライン解析チーム出張解析県外プラン個人指導ピッチングプランバッティングプラン内野手プランキャッチャープラン

グループトレーニングバッティングスクールピッチングトレーニング体幹・股関節トレーニング走力アップトレーニングビーワン!KIDS

施設利用野球専用ジムトレーニングルーム室内練習場貸出spオンラインセミナー教材オンライン解析カード

  • facebook
  • twitter
ビービーワン!通信 LINE facebook Youtube Instagram   LINE
ドラゴンズアカデミー   ドラゴンズカップ   求人情報
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.