足を速くしたい!
だけど生まれ持った才能だから…

そう考えて諦めてしまっていませんか?

 

足の速さもしっかりとポイントを押え
練習に取り組んでいけば
十分足を速くさせることができます!

 

今回はその
足を速くするためのポイント
についてご紹介します!

 

速く走るのに必要な2つの感覚

『リズム感覚』
『バランス感覚』

この言葉を1度は聞いた事が
あるのではないでしょうか?

 

リズム感覚ですと
ダンスや歌の時に
よく聞くと思います。

 

バランス感覚ですと
スポーツをしている時などに
よく耳にすると思います。

 

この2つが
走力アップにおいて
非常に重要なものとなってきます。

 

一見、
リズム・バランスと聞くと
速く走る事
あまり関係がない事と
思われがちですが、
決してそうではありません。

 

リズムが悪ければ
トップスピードに乗る事もできませんし、
トップスピードを継続する事もできません

 

バランスについても
想像がつくかもしれませんが
バランスが崩れると
スピードというのは減速してしまいます。

 

普段の生活ではなかなか
自分がどのようなリズムなのか
どのようなバランスなのか
体感する事は難しいかもしれませんが
ケガをした事がある方は
その時を思い出して下さい。

 

例えば、
片足を軽い捻挫をしてしまった時
普段と同じように走ろうとすると
なかなかスムーズに走れないはずです。

 

ケガの痛み等は考慮せず
考えてもらいたいのですが

単純にケガをしている分
思い通りに足が動いてくれないので
いつものリズム・バランスで
走ることができません。

 

それは普段の
自身のリズム・バランスと
違った動きをしているので
違和感を感じることができますよね。

 

この普段感じれない
リズム・バランス能力
トレーニングの中で
高めていく事は
走力アップにおいて
非常に大切なポイント
となります。

 

力の方向・伝え方

足を速くしたい!
と取り組んでいる中で

・どこをどういう風に
使えばいいのかわからない…
・どこを意識すればいいのかわからない…
・どこを鍛えればいいのかわからない…

このように感じた事を
1度でもあるのではないでしょうか?

 

すぐに足を速くしたいがために
色々な部位の練習を行ったり
色々な部位を意識しすぎて
「わけがわかならくなった…」
という選手が多くいます。

 

もちろん足を速くする為に
必要な要素はたんさんあります。

 

また、複数の動きを獲得し
それを動作として
落とし込んでいく事が必要です。

 

その中で身体全体の動きを
連動させていく事も大事ですが、
まずは焦らず1つ1つ動きを
獲得していく事

重要になってきます。

 

その中で下半身の
『力の方向・伝え方』
がポイントになります。

 

前傾姿勢
(体を前方に傾けた姿勢)の中で

足の出していく
方向としては上体と同じ
「斜め下方向」ではなく、
「真下の方向」に力を
出していく必要があります。

 

この方向が違ってくると

足を上げすぎて骨盤が
後傾してしまったり

足が上がらずに
滑っているように
走ってしまいます。

 

また力の伝え方としても
足の回転や膝下を使って
地面を蹴ってくる事は
スピードが乗らない
1つの原因になります。

 

ジャンプ動作で走りを覚える

速く走るためにジャンプ動作
一つ有効的な練習となります!

 

まずジャンプを行うにあたって
重要になってくる事として

・リズム
・バランス
・力の出す方向

この3つが必要となります。

 

この3要素の重要性については
前述しましたがこの3要素を
上手く組み合わせる事で
ジャンプ動作ができるように
なってきます!

 

ここで重要となってくることが
やはり膝の動きです!

 

ジャンプをする中で
・膝を曲げてジャンプしてしまう
・上体が伸び上がってしまう
選手がいますが

膝の動きをしっかりと意識し
膝を曲げ伸ばしをして
地面を押し出すような
ジャンプをすることが
大切となります。

 

ジャンプ動作が
できるようになれば、
後は上に跳ぶ力の向きを
前方向に変えてあげる事で
スピードアップにつながってきます。

 

ジャンプ動作にも
様々な種類がありますが
一定のリズム・バランスで
より高く、継続して跳ぶことで
走力アップにつながります!

 

スタートと加速

走っていく中で
「スタートと加速」
を意識していくと
速く走ることができます!

 

「スタートと加速」
意識を持つことで動作の速さに
繋げていくことができます。

 

スタート
という部分で考えていくと
『体の中心』を意識した動きが
大事になってきます。

 

実際の動作では
手や足が先行して
動いていくのですが
自身の中で意識する部分は
手や足を速く動かすこと
ではありません。

 

その為には
体幹部分が非常に
大切になってきますので
ランニングメニューなどの時から
体幹を意識して取り組んでいきましょう。

 

スタートを切ってトップスピードに
乗っていくのですが
その過程で大切になってくるのが
「加速」となります。

 

「加速」の部分では
力を溜めて出して必要があります。

 

そこで爆発的な力を発揮する為、
膝から下を一生懸命回して
ピッチをあげるのではなく、

 

下ろす足で
地面をしっかりと
蹴ってくる必要があります。

 

その為には
「腸腰筋」「臀筋」
という筋肉を使って
蹴ってくる必要があります。

 

腸腰筋と聞くと
少し難しいかもしれませんが
臀筋と聞くと「お尻の筋肉」と
イメージがつく方もいるのでは
ないでしょうか?

 

特にお尻の筋肉を使うことで
走力アップにつながっていきますので
是非、覚えておいてください。

 

腕の振り方

『走る』という動作において
体をうまく使っていく事は
非常に大事になってきます。

 

走力アップを考えた時に
「前傾姿勢」というのは
非常に大事になってきますが

この動作にプラスして
腕の振りを加える事で
更に走力アップに
つなげていくことができます。

 

しかし、このどちらかが
欠けてしまうと
スピードを上手く
出していく事はできません。

 

野球から少し
離れてしまいますが
オリンピックや世界陸上の
短距離走を見た事は
ありますでしょうか?

 

出場選手はどの選手も
上半身がガッチリしています。

 

ただ単に体が大きいのではなく
スピードを上げる為に
あの上半身を作り上げています。

 

脚力はもちろんの事、
上半身の力もしっかり
使ってあげることで
あのようなスピードが生まれています。

 

上記を野球に置き換えると
スタートや短い距離での
加速になってきます。

 

塁間がたった
20数mしかない野球において
爆発的なスタートや
スタート数歩での加速というのは
非常な大きなポイントになってきます。

 

それをできるようにする為にも
腕の振り」が1つポイントとなります。

 

今回ご紹介したポイント
あなたのお子様はできていましたか?

 

バッティング・ピッチング同様に
走り方も正しく練習を行えば
必ずレベルアップします!

 

足の速さを武器に変えたい!

そうお考えであれば下記セミナーを
お役立てください。

『足が速い』ということだけで
選手としての魅力を何倍にも
引き立ててくれるものですよ。

▼こちらをチェック!!▼