愛知で野球教室・個人指導をお探しなら!ドラゴンズベースボールアカデミーとパートナーシップ契約を締結している動作解析のBASEBALL ONEへ!お子様から大人の方までご利用いただけます!

MENU

年間50盗塁以上を記録し、一世を風靡したとあるプロ野球選手。
その選手の50m走のタイムは『6秒4』
中学生の選手でも記録できるようなこの記録。
盗塁は決して足が速いだけの選手しかできない技術ではないと証明してくれた
選手です。
ですが、反対にいくら足が速くても足の速さだけでは盗塁はできません。

 

盗塁の成功は不可能!?

盗塁というのは、ピッチャーが動き出してから投球、キャッチャーが捕球し、二塁に送球し、ショート、セカンドが捕球、タッチするよりも速く27.431m先にあるセカンドベースに到達すれば成功となります。

プロ野球選手の平均でいうと、
ピッチャーが動き出してからキャッチャーのミットにボールが入るまでのタイムが約1.3秒

キャッチャーの捕球から二塁送球が約2秒

野手の捕球からタッチまでが約0.1秒

合計3.4となります。

この3.4秒よりも速く二塁へ到達することができれば盗塁は成功となります。
また、プロ野球選手でクイックが一番速いと言われるピッチャーは最速0.99秒、二塁送球が一番速いと言われるキャッチャーは最速1.71秒と言われています。

一方、ランナーの平均的な二塁までのタイムは3.5秒と理論上は盗塁することは不可能となるのです。

ですが、実際には盗塁数を年間で40個以上決め、成功率も9割を超えるという選手もいるのです。
盗塁するためには、単純に足を速くすることだけでなく、リードを取ること、投手の癖を見抜くこと、相手捕手との駆け引きなどと様々な要素が相まって成功させることができます。

盗塁成功に最も必要なのは〇〇!!

盗塁を成功させるために必要な条件を先ほどはいくつか挙げさせていただきました。
ですが、足の速さだけでなく、最も必要となるものがあります。
それは「スタート」です。

スタートが遅れてしまうと27.431mで取り返すことは不可能となります。
最初にお伝えした50m走6.4秒で年間50盗塁以上記録した選手が盗塁を成功させるための1番の要素としていたのもこの「スタート」です。
リードしたリラックスした状態から一気に加速する。
このスタートを覚えていくことが盗塁を成功させるためには必須です。

盗塁のスタートのコツ

この「スタート」非常に重要なのですが、ここで遅れてしまうのはなぜか、ということを挙げさせていただきます。
まずは、盗塁しないといけないと思いすぎるあまり、体が硬くなってしまう選手です。

このような状態になってしまうのは、サインが出たことに緊張したり動揺したりしてしまうことで、今の状況やピッチャーの状態を把握できないときに起きてしまいます。
次にあるのが、準備ができていない選手です。
このピッチャーがどういう牽制があるのか、クイックはどれくらいのスピードなのかなどの情報を準備して、得ていない選手はピッチャーの動き出しに対して思い切ったスタートができないため、遅れてしまいやすくなります。

上記2点で挙げさせていただいたように、盗塁のスタートを切るためには、技術的にスタートを速くするというのは、もちろんあるのですが、それと同じくらいに準備、確認、予測、そして相手バッテリーとの駆け引きも重要になります。
技術的な部分だけでない点についても向上させていくことで、思い切ったスタートが切れるようになっていきます。

なめてはいけないスライディング

スタートがいくら良くても、盗塁を成功させるために必要な項目がまだあります。
「3S」と呼ばれるものです。
スタート、スピード、スライディング、この3つが揃って初めて盗塁を成功させることができるのです。スタートについてはここまででお伝えさせていただきましたが、スピードというのはトップスピードにいかに速く加速していけるかという点です。
そして、最後スライディングが盗塁の成否を左右します。

スライディングで減速してしまうと、実際にセカンドベースに到達するタイムも遅くなってしまいますし、審判からの見え方というのも変わってきます。
減速したスライディングですと、勢いがないため審判からも到達が遅く見えてしまいます。
小学生、中学生ですと、プロ野球のようにビデオ判定もないので審判からの見え方というのも重要となってきます。

盗塁を成功させるとなると足を速くすることのみに注力してしまうことも多くありますが、それだけでは成功させることはできません。
反対に足が速くない選手でも闇雲にただ走るのではなくリード、スタート相手バッテリーとの駆け引きを含め盗塁には様々な技術が隠されています。
本セミナーでは、足の速さだけではない盗塁の技術に磨きをかけるための考え方や相手バッテリーとの駆け引き、練習方法やトレーニング方法までを収録し、小学生・中学生に必ず身につけていただきたい知識や技術をあなたにお届けいたします。

セミナー内容

セミナー情報

タイトル
小・中学生のための!盗塁講座

– 価格 –
2,990円(税抜)

– 講師 –

大崎 裕司

– 対象 –

小・中学生の選手

盗塁の成功率を上げたい選手!

盗塁を一から学びたい選手!

走塁のコーチングを行っている指導者の方

走塁のコーチングを学びたい方

– 収録時間 –
74分48秒

– 支払い方法 –

クレジット決済
bnr_paypal

 

– セミナー視聴までの流れ –

1、下記バナーから申込む

2、お申込完了後、すぐに
決済ページの案内が届きます。
決済完了後はメールアドレスへ
専用ページのURLとアクセスパスワードを
お送りいたしますので
メールアドレスの入力は正しく行ってください。

 

3、スマホ、タブレット、PCさえあれば
通勤、通学中、寝る前など

いつでもどこでも!何度でも!!
あなたのペースで知識を深めていくことができます!

4、セミナー内容をご自宅などの自主練習で
課題克服のために取り組みます!

もちろん!
何度でもご視聴いただけますので
取り組んでいる内容の復習としても
ご活用いただけます!

¥2,990(税別)
収録時間
74分48秒

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.