staff3

BASEBALL ONE 豊川フィールド

大川学史です。

 

試合で緊張していますか?

 

私は大学の学部が心理学の

講義が多かったので

様々な心理について講義を受けました。

 

そこで、その中で印象に残っている

「緊張」

について考えて頂きたいと思います。

 

 

緊張するという事は

人間のごく自然な心理の働きなので

緊張するのは当たり前です。

 

どんな自信たっぷりの選手も

必ず緊張します。

 

過度な緊張をしてしまうと

判断が遅れたり、パフォーマンスが低下してしまいます。

 

そんな時に

「リラックスして」

「緊張するな」

 

などと声をかけられます。

 

しかし、そんなことは無理に近いものがあります。

 

いかに自分がその緊張状態が受け入れることができるか!

ということが大切になってきます。

 

緊張するということは、

脳や筋肉が戦闘モードに入った状態です。

集中力を高めることにもつながってきます。

 

 

緊張するということは決して悪いことではないので

しっかりと自分と向き合ってください。

 

練習から緊張した状態を常に

自分でコントロールできるようになったら

試合でのパフォーマンスも格段に

上がってきますよ!

 

 

PS

私は

常に誰かが見ている

スカウトが見ている

という状態を想定し

練習から緊張状態を作り出していました。

そのように取り組むようになってから

メンタル面も強化され、パフォーマンスも向上しました!!