試合になれば
バッターは空振りを
したくありませんよね。

 

さらには
「打ちたい!」
という気持ちから
どんな選手も
力みが生じてしまいます。

 

こうしたことがあるので
「練習ではいいが試合になると
 フォームが変わってしまう」
などといった

試合で思うようなパフォーマンスを
発揮できずに悩んでしまう選手も
少なくありません。

 

試合でもパフォーマンスを
発揮するためには
打てない原因である
『問題がある動作』に対して

練習時にどのような
動きをすることで
試合でも無意識で
練習のようなフォームで
打つことができるのか?

 

こうした根本的な解決策を
知った上で練習していかなければ

練習を積み重ねても
なかなか思うような結果を
出すことができなくなって
しまいます。

 

そこで!
今回、ご紹介させていただく内容は
伸び上がりについてです。

 

あなたのお子様は
ボールを打ちにいく際に
伸び上がってしまっていませんか?

 

伸び上がる選手の多くは
ステップして下半身が
回転してくる時に軸足側の膝が
伸びきってしまう事で起こります。

 

軸足側の膝が伸びきってしまうと
下半身の力が上方向に向いてしまい
回転スピードが落ちてしまうため
軸足にためた力をインパクトに
ぶつけていく事が出来ません。

 

また上体も
起き上がってしまうので
目線がぶれてしまい
インパクトがズレるので
ボールの上面を打つことになり
ゴロが増えてしまいます。

 

この時に
「伸び上がるな!!」
「踏み込み足の膝を曲げろ」

などと
アドバイスされる事がありますが
意識だけではなかなか改善することが
難しいものです。

 

その理由として
実は!前足に原因があるのではなく
軸足側に問題がある事が多いのです。

 

軸足の動きがなぜ起きてしまうのか?

 

また、伸び上がりを改善する方法を
ご紹介しておりますので
ぜひ、お役立てください!

 

▼動画はこちら▼

いかがでしたかでしょうか?

 

上達していくためにはまず!
正しく問題点を
見つけなくてはなりません!

 

あなたはお子様の問題点を
正しく把握できていますか?

 

BASEBALL ONEの
オンライン解析は
お子様のフォームを
スマホで撮影して
送っていただくだけで

お子様の問題点を
把握できるだけでなく!

改善できる練習方法まで
取り組むことができます!

 

▼▼▼詳細はこちらをタップ▼▼▼