ドラゴンズカップ2019大会の出場チーム
『瀬戸リトルシニア』
を訪問いたしました。

瀬戸リトルシニアは
2019年 東海連盟の3つの主要大会を
全て優勝しているチーム!!

 

現在スタメンで出場しているのは
2年生からスタメンで
活躍していた選手ばかりだそうです!

 

打線に自信を持っていて
新チームになってからの通算本塁打は
なんと40本以上!!

 

この数字、驚異的です。

練習のお忙しい中
瀬戸リトルシニア 末武 重樹監督と
お話しする時間をいただきました。

 

その時のお話を
少しご紹介いたします。

 

末武 重樹監督は
監督歴25年と長い間、
中学の指導者として
ご活躍されています。

 

その中で
瀬戸シニアのスタッフも
錚々たるメンバー!

社会人野球経験者がズラリ!
・TOYOTA自動車
・NTT東海
・一光

経験豊富なスタッフが
選手の指導にあたっていると
おっしゃっていました。

 

瀬戸シニアのスタッフは
指導者だけではありません!

 

選手のケアについて
お話を伺うと
チームにトレーナー
がいるとのこと。

 

正直ビックリしました。

 

高校野球でもチームに
トレーナーがいるチームはごく僅かです。

 

そんな中、チームにトレーナーが
帯同しているとのことでした。

 

監督は最後に
こんなことをおしゃっていました!

“練習の量、質。
監督、コーチといった指導者の経験値。
そしてケアの体制も整っている。
専用グラウンドも完備!

野球をする上で
これ以上ない環境の中で
選手たちは野球に打ち込んでいます。”

と。

そして話は続きます。

”春の全国大会は初戦敗退で終わってしまった。

自慢の強打が機能しなかったというのが
敗因ではないかと選手自身が気づき、
バッティング練習への姿勢が変わった。

引っ張ってばかりの選手が
逆方向に打つようになっているのを見ると
意識の変化を感じます!”

 

環境面だけでなく
選手たちの考え方にも
強さの秘密が隠されていたのです!

 

監督の指示ではなく
選手自身が考えて
練習を取り組むようになったと
話していました。

 

今回の全国大会の予選は
見事に優勝されましたが

勝った試合は
1点差のゲームが多く
接戦でした。

 

1点差で勝てるチームは
やはり強いチーム!

選手自身が考えて取り組めるチームは
自然と結果がついてきます!

今回のドラゴンズカップ2019も
接戦で勝ち抜いていくのでしょうか?
当日が楽しみです。

 

瀬戸シニアへの取材時に
末武監督、工藤選手へ
インタビューをさせていただきました。

 

末武 重樹監督インタビュー動画

 

工藤 翔斗選手のインタビュー動画

 

 



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録