burog

今回は野球選手に必要な
ランニングメニュー

<短距離編>について
ご紹介していきます。

 

野球選手において
大切となるのが

約30mの長さをいかに
速く走ることができるか?
という点になります。

野球は
短い距離をいかに速く
加速できるかという点が

重要になっていきます。

 

これは走塁だけでなく
守備の場面でも言えることです。

 

ボールの位置まで
素早く入ることで
それだけアウトにできる
確率も上がります。

野球は
この短距離の速さ

とても重要となってくるのです。

 

その短距離を速く走るためには
爆発的な力を出す
必要があります。

爆発的な力を出すとは
一瞬で最大限の力を出す
ことを言います。

 

走る動きの中に
地面を蹴る動きがありますが

その地面を蹴る動きを
爆発的な力で行うことで
速く走ることができるのです!

 

蹴る動きは走る場面だけでなく
あらゆるプレーの中にもあります。

 

例えばピッチャー。

ピッチャーは
軸足でプレートを蹴る動きがあります。

その蹴る力が球速に繋がるのです。

 

1球1球、打たれないボールを
投げていくためには
それだけのパワーを必要とします。

 

それが「抑え」のポジションであれば
球数を多く投げる必要がなく
最後まで投げ切ることができますが、

「先発」のポジションであると
球数が多い中、ボールを
投げなければなりません。

 

それだけ
1球1球、
瞬発的な力を出すとともに
持続させる体力も必要となります。

だからこそ
ピッチャーの
トレーニングで
多くのダッシュメニューが
組み込まれているのです!

 

短距離トレーニングで
瞬発的な力を出すこととともに
多くの本数を行うことで
持続させて力を出す訓練となるのです!

 

ダッシュメニューはそれ以外に
試合前の調整としても有効的です。

 

短距離のトレーニングを行うことで
体のキレを出していけます。

 

ですので試合前に行うことで
体が動きやすい状態となり
高いパフォーマンスを
発揮できるようになります。

 

今回は短距離について
紹介させていただきました。

 

野球は
瞬発的な力も必要となりますが
持続させる力も必要となります。

 

短距離だけ偏って
トレーニングを行うのではなく
長距離や中距離のトレーニングも
行う必要があります。

 

コンディショニングの点からも
ランニングメニューは重要となります。

今が試合期なのか?
準備期なのかと考えながら

時期に合わせた
ランニングメニュー
を行う
必要があります。

 

ぜひ参考にしてみてください。



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録